オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > セクハラギリギリ!「勘違い上司」から届いた口説きLINE

セクハラギリギリ!「勘違い上司」から届いた口説きLINE

突然ですが、あなたは“疑似恋愛型セクハラ”という言葉をご存知ですか?

“疑似恋愛型セクハラ”とは、愛想がよく気配りのできる女性の優しさを“脈ありサイン”だと勘違いして、性的行動に出てしまうこと。多くのストレスを抱えながらも、仕事に没頭してきた真面目な男性上司に多いといいます。

そこで今回は、20~30代独身女性を対象とした“LINE”に関するアンケートを参考に、セクハラすれすれ……! 思わず背筋がゾッとした上司からの“勘違い口説きLINE”をお届けします。

 

■「○○ちゃんの好きなお店、予約しておいたよ」

「忘年会で初めてプライベートな話をした上司。あくまでも仕事の相手として“今日はありがとうございました。これからもよろしくお願いします”とメッセージを送ったのが間違いだったのかな?突然、“○○の予約取れたから、今晩空けておいて!”とお店の詳細LINEが来てビックリした。もちろん“先約があるから”とキッパリお断りしたけどね」(28歳/事務)

社交辞令で言ったお礼の言葉が、上司に“気がある”と勘違いされてしまうとはビックリですよね。でも、実はこのパターンがもっとも多いんです。

約束もしていないのに「○○予約しておいたよ」「チケット取れたよ」なんてお誘いLINEがしつこく送られてきたら、きっぱりと「その気はない」と意思表示しておきましょう。

 

■「家まで送っていこうか?」

「大きなプロジェクトが成功してお祝いに飲みに行った帰り。上司から“一人で大丈夫?”“家まで送って行こうか?”とLINEが来てドキッと……ではなくゾッとした。だってコレ、落とせそうだと思われたってことでしょ?勘違いされたら嫌だから、しばらくスルーしてから“彼氏が迎えに来てくれました”と撃退LINEしておいた。」(27歳/メーカー)

「お疲れ様でした」とお別れしたはずの上司から届いた、下心丸出しの勘違いLINE。あなたも一度は受け取った経験があるのでは?

お酒の席でちょっとでもいい顔を見せると、「もしかして俺のこと……」と期待してしまう男性は少なくありません。勘違いされないためには、“カバンや荷物を置いて絶対に隣の席には座らない““彼氏が迎えに来てくれる旨を伝える”といった工夫も必要ですよ。

 

■「○○ちゃんの写真、見たいな」

「LINEで“ちょっと早いけど海水浴に行ってきた”って海の写真をアップしたら、上司から“○○ちゃんの写真はないの?”“海じゃなくて○○ちゃんが見たいな”ってメッセージが来て吐き気がした。特別な関係でもないのに、よくこんなセクハラ発言できるよね。」(25歳/広告)

これはまさに、セクハラギリギリ……の勘違いLINE! 相手の男性は、まるで恋人同士のように親密な仲だと思っているようですね。

ちなみに「今どこにいるの?」「写真送ってよ!」なんて彼氏気どりのLINEを送ってくる勘違い上司もいるようです。あなたも面倒なトラブルに巻き込まれないように、くれぐれもご注意を……。

☆みんなの【LINEテク】をのぞき見!

もちろん「俺のこと好きなんでしょ?」と勘違いしてしまう男性側に問題がありますが、気を持たせてしまう原因は女性側にもあるはずです。その気のない上司に口説かれて気まずい関係にならないためにも、オフィスでは女らしさを押し殺してビジネスライクなお付き合いを心がけましょう。

【取材協力】

※ 20~30代独身女性

【画像】

※ PKpix/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる