オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「元気にしてる?」愛されない女が男に送った必死すぎるLINE

「元気にしてる?」愛されない女が男に送った必死すぎるLINE

好きな人が本当に自分を好いてくれているのか、不安になったことはありませんか。

自分ばかりが好きで、相手は一向にその気がない。そうした恋は、なかなか辛いものがありますよね。

今回は、そんな望みが薄い恋をする女性が、男性に送った必死すぎるLINEをご紹介。ぜひご自分の恋を客観視するきっかけにしてみてください。

 

■既読スルーされても気にせず連続メッセ

「彼がほかの女性に気持ちがいくのが怖かったんですよね。元々甘えん坊で、かまってちゃんですし、好きな人から返事が来ないと不安になって。本当は彼の気持ちはわかっていたはずなのに、既読スルーされても連続でメッセを送っていました。」(28歳/女性/販売)

LINEの文面で、相手の気持ちが自分にあるかどうかが、なんとなくわかった経験はありませんか。相手も自分と同じように好意を持ってくれているのなら、自分を好いている気持ちが、多少なりとも言葉で見受けられるはずですから。

それとは反対に、彼のLINEから、自分は“脈ナシ”だとなんとなく気付くパターンも……。片想いを続けるべきか悩みどころですが、本当に脈が薄いと感じるのなら、ほかに出会いを求めるのもアリかも。

 

■「次は○○に行こうよ!」

「脈ナシと分かっていても、彼の休日を前もって聞いて、デートの約束をこぎつけていました。彼が優しいので、それに付け込んでいたのもあったかも。誘えば乗ってくれるのがわかっていたので。」(27歳/女性/サービス)

脈ナシと気付いていても、友達として遊ぶ体で定期的に彼を誘う……。そんな経験をしたことがある女性もいるのかも。「相手が振り向いてくれるかも……」と期待してしまうと、多少無理をしてでも、頑張ってアプローチをしてしまうものですよね。

たとえ彼があなたの気持ちに気付いていたとしても、優しさゆえにハッキリとした態度を取れないケースもありそう。少しでも可能性があるのなら、アプローチが実を結ぶかもしれませんが。あまりにもしつこいと、かえって逆効果になる可能性もあるので気をつけて。

 

■明るく振舞っているけれど…

「彼の気持ちが離れているとわかっていても、懲りずに“やっほー!”“元気?”って声をかけていました。ムリに明るい感じといいますか。彼からすれば、“まだメッセ送ってくる?”って感じでしょうけど、やりとりをしたいのでつい……。」(28歳/女性/IT)

一度好きになってしまうと、相手からハッキリとした返事や反応がない限り、「まだ可能性があるんじゃ……」と、懲りずにLINEを送ってしまう女性も多いのでは。

LINEをしていても、彼が早々にやり取りを途絶えさせてしまう。それが何回も続くようなら、彼の気持ちが離れている可能性が高いかもしれません。一度彼の気持ちをハッキリと聞いて、あなたの望む関係を築くことが難しそうなら、次の出会いに進んだほうが賢明かもしれません。

☆みんなの【LINEテク】をのぞき見!

一番大切なのは、彼の気持ちがどこにあるのかをきちんと確かめる“勇気”でしょう。どうしても諦めきれないのなら、まずは彼としっかり話をすること。もっといい恋ができるよう、必死すぎるLINEから卒業できるといいですね。

【画像】

※ sergey causelove/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる