オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【手相占い】「お金に苦労しない人」が持っている相

【手相占い】「お金に苦労しない人」が持っている相

「なぜあの人はお金に困らないんだろう」というくらい、お金の巡りがいい人っていますよね。お金に困らないのは、もしかしたら手に刻まれている相が原因なのかもしれません。

そこで今回は、“お金に苦労しない人が持っている相”をご紹介いたします。

 

■1:運命線が人差し指と中指の間に向かう…マネーチャンスを逃がさない相

運命線が人差し指と中指の間に向かって伸びている人は、地位やお金にこだわりがある野心家タイプ。行動力があり、どんなチャンスも逃さずに掴み取ることができるでしょう。ここぞという時にスピーディーにアクションを起こすので、自力でかなりの収入をゲットできるはず。ただ、あまりにもガツガツしすぎると金運が遠のいていくので、たまにはリラックスすることも大切。自然体でいて、お金に困らないタイプと言えます。

 

■2:感情線の上部に3センチ以上の線が出ている…小金持ちで「貯蓄の達人」相

感情線から上向きに線が出ていて、かつその付け根に小指の第一関節(約3センチ)くらいの長さの線がハッキリと刻まれていたら、お金がどんどんやってくる証拠。貯蓄が順調に増えていき、お金に困ることがないとされる吉相です。ただし、宝くじやギャンブルなどにおいては、“大勝ち”する可能性は低いため、掛け金の低いくじやスクラッチなどを狙うといいかも。どちらかというと、周囲からの授かり運でお金に困らない相だと言えます。

 

■3:薬指の下に線があり先端が星状になっている…ラッキーでお金が巡ってくる相

薬指の下の線(太陽線)の先端に、米印のようなシワ(星)が出ていると、とても金運がいいことを意味しています。本来、この“星”が出ているのはあまりよくない暗示なのですが、この場合は例外で、思いもかけない大幸運が訪れる予感が。くじ運も抜群で、わりと当たり金額の大きいジャンボくじなどを狙いにいくのもいいかも。攻めの姿勢で上昇気流に乗ることで、お金に困らなくなるはず。

 

■4:小指の下にくっきりと金運線が出ている…ピンチの時に「棚ボタ」がやってくる相

小指のつけ根に3センチ以内でハッキリとした明確な“金運線”が刻まれている手の持ち主は、その名のとおりお金に困ることがなく、“棚ボタ”のようなお金にも恵まれやすいとされます。クジ運もいいので、何の気なしに買ったスクラッチなどで臨時収入が舞い込むことも多いでしょう。ただし、ギャンブル運が強いわけではないので、パチンコや競馬などで増やそうとするのはNGです。

☆絵で見てわかる!手相占い

金運はかなり波がある運気のひとつとも言えます。生まれつき金運に恵まれていたとしても、それにあぐらをかいていると、たちまち金運が滞ってしまう可能性も。手に刻まれた相もどんどんマイナスな相に変わっていくことに……。お金に対する日頃の感謝の気持ちを、忘れずに持ち続けましょう。そうすることで、きっと手相も良いものに変わるはずですよ。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる