オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 健太郎&山田裕貴、撮影中のハプニングを明かす「右フックが…」

健太郎&山田裕貴、撮影中のハプニングを明かす「右フックが…」

4月25日、映画『デメキン』DVDリリース記念イベントが行われ、健太郎さん、山田裕貴さんが登壇しました。

本作は、バットボーイズ・佐田正樹さんの不良時代を描いた同名小説&コミックスの実写映画。健太郎さんが長編映画初主演を務め、共演の山田さんと今注目の若手実力派俳優が集結したアウトロー・エンターテイメントです。

MCから本作の反響について聞かれると、「女性の方が見てくださって、すごく胸が熱くなったなどと言ってもらえたのは嬉しかった」と健太郎さん。さらに山田さんは「取材にきた女性ライターさんにも“胸が熱くなりました”と言われました。女性に言われるのはすごく嬉しいです」と語り、「暴力もあり、ヤンキーものは女性が取っ付きにくいものがあると思うんですが、今を輝く健太郎と、山田裕貴がいればなんとかなるんだって。自分で言うなよ!ってね(笑)」と満面の笑みでコメントしました。

この日は、“たまたま”ストライプのシャツが被ってしまったという仲良しなお二人ですが、衣装合わせで初対面した時は距離があったとのことで、健太郎さん曰く「助監督に見た目がいかつい方がいて、“山田裕貴は主役が健太郎でバッチバッチに気合い入れてきているから、やばいよ”と言われて、こっちも燃え上がっちゃって」とのこと。

それを受けて山田さんは「早く仲良くなりたい、1日でも早く喋れるようになりたいって思っていたのに、その助監督さんがそう伝えちゃったことで、時差があった。でも、すぐ解消されたよね。それがなければ初日から俺は“健太郎、健太郎♡”ってやっていたのにさ!」とハニカミます。

さらに「そんなこと言われた状態でアクション練習の時に、裕貴くんの右フックが頰にバーンって入って“はい、きた!”って思いました」とまさかのハプニングを明かしてくれた健太郎さん。

山田さんは「初めてだったの!アクションは一番気をつけてやっているから、主演の顔に当ててしまったというショックで、より喋られなくなって、悪い連鎖が……(笑)」と振り返りました。

Recommend
検索窓を閉じる