オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 岩田剛典、すっかり「森の人」に…!? 三代目JSBメンバーに心配される

岩田剛典、すっかり「森の人」に…!? 三代目JSBメンバーに心配される

4月26日(木)、映画『Vision』完成報告会見が都内にて行われ、出演する永瀬正敏さん、夏木マリさん、岩田剛典さんらが出席しました。

世界中で高い評価を受ける河瀨直美監督が、生まれ故郷である奈良県を舞台にした映画『Vision』。

劇中で永瀬さんは吉野の山間で生活をする山守・智を演じ、岩田さんは、智の目の前に突然現れる山守・鈴役となりました。

河瀬組に初参戦となった岩田さんは、「撮影の中で、いろいろな洗練を受けました。森の中で“演じる”のではなく“生きる”ことを監督から教えていただきました」と感慨深そうに語ります。

河瀬監督による独特のメソッドがあったという岩田さんは、衣装合わせの段階から違っていたと振り返りました。

「同じ会場に夏木(マリ)さんや、森山未來さんがいても、ご挨拶に行けないんです。役の中でお会いする機会がないと、口をきくな!目も合わせるな!と。そういう取り組み方は初めてでした。そういう部分を一番大事にしている監督だと即、初日に理解しました」。

そして、河瀬監督からは撮影の1カ月くらい前から森に住んでほしいと、お願いされていたそう。

岩田さんは、「ツアー中だったので、物理的に難しくて(笑)。けど、(撮影中は)納屋に住んで、寝起きとともに顔にカメムシが3匹ついているような感じで、虫と共存しました(笑)」と衝撃の生活の様子を語ります。

しかし、少し風邪を引いてしまったという岩田さんは、その後、やや下山したところにある民宿で生活をすることになり……。

「夏の撮影のときには、夏木さんの部屋に入らせていただいて」と言うと、夏木さんが「私、ガンちゃんと同じところに泊まったの?うれしい!それだけでもテンション上がります」と、かわいらしくはしゃいでいました。

昨日、初号試写が行われ本作を観たという皆さん。

岩田さんは、「作品に対しての監督の徹底したこだわり方は、ほかの組に絶対ないもの。演じるのではなく、地に根づいて暮らす撮影手法は刺激的でした」と感想を話すと、河瀬監督に「鈴になっていたので、(東京に)帰って三代目のメンバーに心配されたんだよね?」と突っ込まれ、「そう!“大丈夫?”“本当に森の人になっているよ”って言われて」と、すっかり河瀬組に染まった岩田さんでした。

『Vision』は6月8日(金)より全国ロードショーです!

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる