オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 1つで2役!プチプラ「キャンメイク」 チーク&リップがとにかく優秀

1つで2役!プチプラ「キャンメイク」 チーク&リップがとにかく優秀

ショップでカラフルなコスメや可愛いパッケージが並んでいるのを見て、思わず買ってしまったけれど、実際に使ってみたらなんだか合わないかも……と感じたことはありませんか。

中でも、チークやリップは大きく分けてピンク系とオレンジ系があり、ご自身の肌の色味となりたい印象に合わせて選ぶことが大切です。

そこで今回は、美容ライターの筆者が、プチプラ優秀コスメ『キャンメイク チーク&リップジェル』について、さらにチークおよびリップカラーの選び方をご紹介します。

 

■チーク&リップに使えるキャンメイクコスメ

プチプラコスメでおなじみの『キャンメイク』から、リップにもチークにも使えて、体温で溶けるジェルタイプのコスメが出ているのをご存じでしょうか。

肌に乗せるだけで、溶けるようにスッとなじむことが特徴のリップ&チーク。表面はべたつかずさらっとした仕上がりになります。ほどよいツヤのあるチーク、そして、マットな仕上がりのリップとして使えるのが特徴です。

さらにSPF24、PA+で紫外線対策もでき、6種類ものカラーバリエーションがある優れもの。色味は以下のとおりです。

・ストロベリームース/赤系の色味

・アップルマンゴーパフェ/オレンジ系の色味

・ラズベリーフロート/ピンク系の色味

・チェリーフロマージュ/イエローがかったピンク系

・ダークブラムシュガー/深みのある赤系

・タルトフランボワーズ/深みのある青みがかった赤系

筆者は『ラズベリーフロート05』を使ってみました。

近くで見ると、ラズベリーらしい濃いめのピンク色で、見ているだけで気持ちが高まりそうです。

リップ&チークジェルを手に取り、頬の高い部分に指でポンポンとのせてぼかすようにお肌になじませればチークとして使えます。

また、唇の中心からぼかすように外側に向かってトントンと色を重ねることでリップとして使えます。

ジェルなので、チークだとベタ付くのではないか?と心配でしたが、ボカした直後に本当にサラッと肌になじみます。チークとリップ、両用できるのは嬉しいですね! ポーチ1つに潜ませておくだけで、サッとメイク直しもできるのでオススメです。

『キャンメイク リップ&チークジェル』なら、これひとつでチークとリップの2箇所のメイクができます。また時短でメイク直しができるのも◎

 

■自分の肌の色味を知ろう

チーク、リップはカラーが豊富でどれを選べばいいのか迷ってしまいますよね。

実は、肌の色味は人それぞれ異なり、大きく分けて“イエローベース”と“ブルーベース”の2タイプがあります。

イエローベースは、ライトベージュやライトイエロー、ライトオークル、オークルなどが肌になじみやすい、黄味がかった肌の色を言います。イエローベースの人に似合う色味はコーラル系、アプリコット系、サーモン系のオレンジやピンクなどです。

一方、ブルーエースはピンクオークル、ピンクライトなどがお肌になじみやすい、青みよりの白い肌のことを言います。似合う色味はローズ系、スモーキー系、マゼンタ系などです。

 

■なりたい印象も合わせて選ぶ

肌の色を重視してチークやリップを選ぶことは大切ですが、自分自身がメイクを通じてどのような印象になりたいのかも、色選びの重要なポイントとなります。

・透明感があるように見せたい場合は、淡いピンクやオレンジ系

・スタイリッシュやモードに見せたい場合は、セミマットやマット系

・色っぽく見せたい場合は、艶っぽいピンクやレッド系

・ドレッシーに見せたい場合は、グリッターや光沢入りのものを

色にはそれぞれ、人に与えるイメージが異なります。なりたい自分のイメージにしっくりくるカラーをチョイスすることで、より理想の自分に近づくことができるでしょう。

 

ご自身の肌の色や、なりたいイメージでカラーから選んでみるのもいいかもしれません。ぜひ、チークやリップ選びの参考にしてみてくださいね。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる