オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > ふんわりナチュラルに!セザンヌで作る最旬眉メイク

ふんわりナチュラルに!セザンヌで作る最旬眉メイク

メイクの中でも特にバランスをとるのが難しく、太さや形でガラッと印象が変わるのが眉毛です。細い眉や太い眉、平行眉などとその時の流行によっても変化しますが、流行だからといって真似してみてもなんだかしっくりこない……。そんな経験はありませんか。

そこで今回は、美容ライターの筆者が“自分に似合う眉”や“セザンヌのコスメを使った最旬眉メイク”についてご紹介します。

 

■眉毛は自分の顔の骨格に合わせてバランスを取ることが基本

骨格に沿った基本的な眉毛の位置は、以下のとおりです。

・小鼻から真上に向かって延長線上に眉頭

・小鼻から黒目の外側を通った延長線上に眉山

・小鼻から目尻の延長線上に眉尻

眉毛を描く前に、これらの位置にあたる場所チョンと印をしておくことで、眉毛が描きやすくなります。

自分の骨格に沿った眉の形がわかったら、実際に眉毛を描いていきましょう。これからお伝えする描き方で、最旬の眉メイクが完成します。

(1)眉の中心部分の毛と毛の隙間を埋めるようにペンシルやパウダーを使いましょう。眉の中心の色が一番濃く、眉頭を眉尻は少し薄めに濃淡をつけることで目もとがパッチリとした印象に仕上がります。

(2)眉山から眉尻にかけて、だんだんと細くなるように描いていきましょう。コツは“自然に、流れるように”描くこと。眉尻に向かって濃く、太くなるとキツめの印象や老けた印象になるので注意が必要です。

(3)眉頭の足りない部分を埋めるように描きます。少し顎を上げて見たときに、小鼻の延長線上に向かって眉頭を足していき、左右の形や高さが対象になっているか確認しましょう。いかにも“ペンシルやパウダーで描きました感”が出ないようにぼかすのがポイントです。

さらに、髪色や瞳の色に合わせた眉マスカラで色味を揃えると一気に自然な印象になります。そのため、眉メイクの仕上げには眉マスカラを使うのがオススメです。

 

■眉メイクアイテムが豊富のセザンヌコスメ

『セザンヌ』は眉メイク用アイテムがとっても豊富。ペンシルやパウダー、眉マスカラなどのタイプだけでなくカラーバリエーションも豊富です。

今回は、眉メイクの仕上げに『セザンヌ 眉マスカラ(ナチュラルブラウン)』を使ってみました。

ナチュラルブラウンは、顔全体が垢ぬけたような印象になり、一気に今っぽい雰囲気にしてくれるカラーです。

こちらのアイテムを使って、眉メイクを仕上げていきます。

(1)眉マスカラを眉尻から眉頭、眉頭から眉尻へと2方向に塗りましょう。

眉尻から眉頭に向かって塗るときは“立体感”を意識することが大切です。今年は立体感のある“ふんわり眉”がトレンド。逆毛を立てるような、眉毛を起こすようなイメージで塗っていきましょう。

そのため眉頭から眉尻に向かって塗る時は、眉毛を寝せてしまわないよう、軽く滑らせるようにして塗るのがポイントです。

『セザンヌ 眉マスカラ(ナチュラルブラウン)』は、地肌につきにくく、簡単に使えるダイヤ型ブラシが特徴。眉マスカラでは難しいとされるやわらかな雰囲気の仕上がりにしてくれるだけでなく、落ちにくいところも嬉しいポイントです。

 

流行の眉にしてみてもなんだかしっくりこない、雰囲気を変えたいなど眉メイクへのお悩みがある場合は、一度自分の骨格に合った眉なのかをチェックしてみるといいでしょう。

また、眉メイクの仕上げには眉マスカラが欠かせません。『セザンヌ』の眉マスカラは、手軽に立体感のある眉を作ることができます。最旬眉メイクのマストアイテム、ぜひチェックしてみてくださいね。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる