オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 背筋がぞわっ…「モテたいおっさん」の必死すぎるLINE

背筋がぞわっ…「モテたいおっさん」の必死すぎるLINE

出会いを求めていると、タイプじゃない人から好かれたり、年上過ぎる男性から迫られることもあるのでは。人によっては、「モテて羨ましい」と感じるかもしれませんが。

ちゃんと真面目に付き合える人が欲しい女性にとっては、思うような出会いがゲットできない間って、それはそれで辛いものがありますよね。

今回は、そんな切実に出会いを求めている女性たちの声として、モテたいおっさんの必死過ぎるLINEをご紹介。あなたもこんな男性と出会ったことはありませんか?

 

■予防線を張った遠回しアピール

「街コンで知り合った人とLINE交換したんですが、正直あまりタイプじゃなくて。でも、むこうはグイグイ来て、既読スルーしても送ってくるし。自分アピールがすごいんですよ。“俺もピアノやっているよ”とかなんとか。せめて誘うなら、もっとストレートに誘ってほしかった。」(28歳/女性/サービス)

女性が男性から誘われる際、「気持ち悪い……」と感じてしまうのは、相手のアピールが遠回しだからでしょうか。それこそ趣味が同じとわかっても、向こうから何もアタックしてこない。奥手で恋愛下手な男性に多いかもしれません。

ただ、少しでも男性に興味を持ったなら、相手からの誘いを待たず、こっちから声をかける姿勢は大事です。「いま何弾いてますか?」「今度一緒に練習します?(笑)」とか。あなたから上手に誘ってあげて、会話を広げてあげられてもいいかもしれませんね。

 

■見た目の若さを強調し過ぎ?

「マッチングアプリで知り合った男性が、“実年齢より若いでしょ?”ってメッセを送ってきたときは、“どんだけグイグイアピールしてくるんだよ”って思った。気に入ってもらえたのは嬉しいけど、さすがに反応に困ります。」(28歳/女性/サービス)

年齢を重ねると、自分を恋愛対象とする人が減ってしまうのは、みなさんもご承知の通り。男性もそれが怖いことを実感しているのでしょう。そのため、少しでも若いアピールをして、相手に気に入られたいという男性は少なくないでしょう。

でも、ヘタに若さアピールをするよりも、歳相当の男性ということが伝わったほうが、魅力は増しそう。それこそ、落ち着いているとか。気遣いが行き届いているとか。ムリに若い人に合わせるよりも、歳相当の自分を大事にしたほうが、恋にも役立ちそうですよね。

 

■すごさ自慢がウザイ

「“俺すごいんだぜ”って、アピールをするおじさんは苦手。やっぱり歳のぶんだけ経験も重ねていると思うし、それはすごいと思うんだけど。わざわざアピールしてくるところが、ちょっとウザイというか。“すごい”と思われたいって感じがして、逆効果になってる感じがする。」(27歳/女性/販売)

気になる人とは、なんとか共通点を見つけたいと思うもの。これは年齢関係なく、恋をしている身なら、誰しもに見られる特徴だと思います。しかし、問題はどうやって共通点を見つけるか、ですよね。

「いま何にハマってる?」「好きな食べ物ってなに?」とそれとなく聞き出しながら、会話を盛り上げたり、デートの計画を立てられるといいと思うのですが。年齢を気にするあまり、自分アピールが過ぎてしまうと、必死過ぎる印象を持ってしまうもの。等身大に恋ができるといいですよね。

☆みんなの【LINEテク】をのぞき見!

年齢を気にしてしまうのは男性に限らず、女性も同じだと思います。反面教師にしつつ、自分も年齢に負けず、恋を前向きに楽しみたいですね。

【画像】

※  Look Studio/shutterstock

【関連記事】

柚木深 つばさ
フリーランスライター
多数の女性向けWeb媒体を中心に記事を連載。読者目線を心掛けながら、男女にまつわる素朴な疑問を解決できるような記事作りをモットーにしている。
Recommend
検索窓を閉じる