オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > ドキドキする…!男性を喜ばせる“さりげない”LINEテク

ドキドキする…!男性を喜ばせる“さりげない”LINEテク

気になる男性と、LINEで距離を縮めたいと思っている女性は少なくないと思います。特にお互い忙しくてなかなか会えない状態であれば、LINEのやりとりはふたりの関係を進展させるうえでかなり重要になるでしょう。

そこで今回は、LINEのやりとりで心を掴む! 男性を喜ばせる“さりげないLINEテク”をご紹介いたします。

 

■「あとから」褒めるようにする

男性は、女性から褒められるとうれしく感じるもの。特に、ただ褒めるのではなく印象に残るような褒め方ができると、喜んでくれるのはもちろん、あなたのことを意識するようになるかもしれません。

そこでオススメなのが、その時にではなく“あとから”褒めること。「今日の服、オシャレだったよ」「さっきの発言、感動しました」など、会った時に直接言うのではなくあとからLINEで褒めてあげると、「本気でそう思ってくれているんだな」と感じてくれるはず。

直接言うのももちろんいいのですが、男性によっては「お世辞かな?」と思われてしまうこともあるようです。

そう思われないためにも、あとから褒めてあげるのが効果的でしょう。あらためて褒められたうれしさに加えて、あなたの本気度も伝わるので、男性のテンションはかなり上がるはずですよ。

 

■「ハートマーク」を最後に入れる

男性は、女性から“ハートマーク”が送られてくるとドキッとするようです。女性からすると、特に深い意味はなく、アクセントや飾りのひとつとして使っているだけかもしれません。しかし、男性としてはなんとなく好意を感じるよう。

そこで、気になっている男性とのLINEではハートマークを使うよう意識してみましょう。きっと男性に喜んでもらえるはずですよ。ただ、意味もなく乱発してしまうとハートマークを送る価値が低くなってしまうので注意が必要です。たとえば会話の最後にさりげなく入れてあげると、男性はその意味深な雰囲気に心を揺さぶられるかもしれません。

 

■「いないと寂しい」と伝える

複数人での飲み会や遊びの際に、気になる男性が不参加だった場合、できるだけ早めに“いなくて寂しかった”という気持ちを伝えてあげるといいでしょう。「○○さんがいないとつまらないです」なんてメッセージが届いたら、男性はかなりドキッとするはずです。

また、気になる男性が体調不良で会社を休んだ場合も同様です。「大丈夫ですか?」という心配のLINEを送るのはもちろんですが、最後に「○○さんがいないと寂しいです」とつけ加えるだけで、男性の心を確実につかめることでしょう。

 

■あえて「すべて」は話さない

LINEで“相談”をもちかけるのも、男性を喜ばせるテクニックのひとつ。込み入った内容を話すことで一気に距離が縮まるかもしれません。自分のことを頼ってきてくれる女性のことは、男性も可愛らしいと思うでしょうし、他の女性とは違った存在として意識するようにもなるでしょう。

ただ、LINEですべてを話してしまうのではなく、「詳しいことは会ってお話ししたいです」などと伝えると、男性もあなたのことを意識せずにはいられないでしょう。また、話の続きをするために実際に会ってデートするきっかけにもなりますよ。

 

LINEやメールのように、文字だけのコミュニケーションでは男性との距離を縮めるのは難しい……と感じる女性もいるかもしれません。しかし、ちょっとしたコツをおさえるだけで、気になる男性と今よりもっと親密な関係になれでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね。

【画像】

※ Pressmaster/shutterstock

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる