オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 年下男子が告白!「正直、おばさんっぽい…」と感じるアラサー女のLINE

年下男子が告白!「正直、おばさんっぽい…」と感じるアラサー女のLINE

気になる人が自分よりも年下だった。出会いを求めていれば、年下男子と関係を持つこともあるでしょう。年上が理想という人も、一度気になってしまうと、相手が年下だろうと、相手のことばかり考えてしまいませんか?

その一方で、相手が年下ということで、いざアプローチしようにも、どうやって声をかけたらいいのか、悩んでしまう女性もいないでしょうか。

そこで今回は、年下の男性が「なんだか、おばさんっぽいな」と感じたアラサー女性のLINEをご紹介。年下男性の生の声をリサーチしたので、アプローチする際の参考にしてみてください!

 

■あれこれと聞いてくる

「うちの職場、おばさんが多いんですが。だからかな。おばさんって、あれこれと聞きたがり屋な印象があるんです。LINEでも“〇〇君は彼女いるの?”“週末は何しているの?”って、ずけずけと聞いてくる女の人は、ある程度の年齢っていうか、ちょっとおばさんくさいって感じるかもです。」(26歳/男性/販売)

年齢を重ねるほど、それだけ恋愛経験も重ねているでしょうから、気になったことは気兼ねなく聞けてしまうのかもしれませんね。

必要以上に遠慮したり、気を遣ったりすることで相手との関係を図るタイミングを逃してしまうのはもったいないです。

でも、ふたりの関係に応じた会話をすることも大事ですよね。男性によっては、グイグイとくるタイプの女の子は苦手、と感じる人もいます。ふたりの距離感に応じてコミュニケーションを調節できるといいかもしれませんね。

 

■強引である

「“趣味は最近始めたピアノです”って言ったら、“私も小さい頃習ったことある”っていう返事が返ってきて。“始めたばかりなら、今度教えてあげるよ!”って、グイグイくる感じで。なんていうか、断れない雰囲気がおばさんっぽいかなとは感じました。」(25歳/男性/IT)

アラサーにもなると、結婚を強く意識する女性がほとんどのはず。なかには出会いに焦ってしまって、知り合った男性にグイグイと迫ってしまう女性もいるでしょうか。

でも、相手が年下ともなると、まだ結婚を考えていない男性も少なくないでしょう。そうしたなかで、強引にデートにこぎ着けたりしてしまうと、相手はちょっと困惑してしまうかも。

相手が優柔不断で、消極的な性格なら、女性側が積極的に誘ってあげる必要はありそうでそうが。相手の性格と距離感に応じて、うまく彼の気持ちに沿ったアプローチができるといいですね。

 

■お節介を焼く

「“今日はちゃんと休めた?”“病院ちゃんと行かなきゃだめだよ”とか。良くも悪くもお節介を焼くことがLINEでも見えると、おばさんっぽく感じるかも。」(28歳/男性/サービス)

相手が年下だと、つい面倒を見なきゃいけないと感じる女性も多いのでは。自分のほうが年上だからと、「何かあったら守らなきゃ!」という心理が働くためでしょうか。でも、あまり面倒を見過ぎてしまうと、年下男性も「そんなことわかっているよ」と、窮屈に感じられてしまいそう。

ひとりの男性として、頼りにしたり、相談したり、意見を聞いたりすることも、ぜひ意識できるといいですね。そうしたことを繰り返すうちに、あなたが思っているよりも、年上男性は頼りがいのある男性に感じられるかもしれません。

☆みんなの【LINEテク】をのぞき見!

付き合うなら、「年上男性のほうがいい!」という女性は多いでしょう。でも、好きになってしまえば、年下男子も魅力に感じられるもの。アプローチに迷ってしまったら、ぜひこうしたポイントをヒントにしてみてください。

【画像】

※  Look Studio/shutterstock

Recommend
検索窓を閉じる