オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 松坂桃李、大先輩・役所広司に敬意「大きく、分厚く、遠い」「かけがえの…

松坂桃李、大先輩・役所広司に敬意「大きく、分厚く、遠い」「かけがえのない時間」

5月12日(土)、映画『孤狼の血』初日舞台挨拶が丸の内TOEIにて行われ、主演の役所広司さん&共演の松坂桃李さんらが、ずらり顔をそろえました。

『孤狼の血』は刑事、やくざが架空都市・呉原を舞台に生き残りをかけて戦う生きざまを描いた物語です。

役所さんは暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾を、松坂さんは常軌を逸した大上の捜査に戸惑う後輩刑事の日岡秀一を演じます。

今年、俳優生活40周年を迎えた役所さん。

「ギリギリ体力がもったかな、という作品に40年目に出会えてとても幸せでした。松坂くんも40周年のときは全裸で仕事しているんじゃないでしょうか(笑)」と真面目な話をしていたかと思いきや、絶妙にお茶目なコメントに代えて会場を沸かせた役所さん。

松坂さんも笑顔で、「今回、そういうシーンないですから(笑)」としっかりと応えていました。

そして、松坂さんは「30(歳)になる節目で、役所さんともう一度共演できて、白石さんともう一度仕事ができた。僕の中では忘れられない作品、すごく特別な作品です」と気持ちを込めます。

劇中、ふたりのシーンが多いですが、バディ感について役所さんは、「松坂くんね、もう格好いいですからね~。繊細に自分の役をラストシーンまで積み重ねていくプランを持っている、素晴らしい俳優さんだと思います。真っすぐな松坂くんの目の力が、共演者として頼もしい俳優さんです」と、大絶賛。

松坂さんは「恐れ多いです」と向き合いつつ、「役所さんとはバディの関係性もあって、勝手ながら親のような、師匠のような、大先輩のような、いろいろなものが混ざって……」と存在の大きさを讃え、「最終的に、大きく、分厚く、遠いな、と感じました。本当に。かけがえのない大事な時間でした」と改めて愛おしく振り返っていました。

NOSHでは役所広司さん、白石監督&松坂桃李さんのインタビューを掲載しておりますので、あわせてチェックしてください♡

『孤狼の血』は全国公開中です!

Recommend
検索窓を閉じる