オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 瑛太、いじめ後悔「罰が当たった」

瑛太、いじめ後悔「罰が当たった」

俳優の瑛太さんが、人を傷つけた結果“罰”が当たったことを告白しました。

それは14日に東京の明治大学・駿河キャンパスで行われた映画『友罪』(5月25日公開)特別授業イベントでのこと。生田斗真さん、瑛太さん、瀬々敬久監督が参加しました。

実際の凶悪少年犯罪にヒントを得た同作。成長した少年A役の瑛太さんは、「人を傷つけて後悔したことはありますか?」と聞かれると「子供の頃にサッカーをやっていたけれど、同じチームに僕よりもサッカーの上手い友達がいた。彼には白髪が生えていたので、その白髪に対して“石灰がついているよ”といじめてしまいました。そうしたら1週間後に自分にも白髪が生えるという罰が当たった。いまだに白髪を染めています」と反省していました。

一方、生田さんは“俳優を志したきっかけ”について「ジャニーズ事務所に入ったのは、親がSMAPのことが好きで、勝手に履歴書を送られたから」と業界入りの理由を紹介。俳優の道に進んだのは「高校時代に将来を考えていた時、演劇に出会った。お客さんが感動して劇場を後にする姿に感銘を受けて、演劇の道で生きてみたいと思った。お客様があっての僕たちの仕事。誰かを感動させるという使命感を持って今も仕事をしています」と熱弁していました。

『友罪』は、5月25日(金)より全国ロードショーです!

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる