オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > その差って何?男が思う「セフレ」と「彼女」の決定的な違い

その差って何?男が思う「セフレ」と「彼女」の決定的な違い

ちゃんと付き合っていても「もしかしてセフレ?」と、不信を抱いたことありませんか。

“セフレ”なのか“彼女”なのか、その関係性は曖昧だと思っているかもしれませんが、男性にとってのセフレと彼女には、“決定的な違い”があります。

そこで今回は、男性が思うセフレと彼女の決定的な違いをご紹介。決定的な違いを確認し、疑念を払拭しましょう。

 

■愛がない

セフレと彼女の決定的な違いは、“愛がない”ことです。

“愛”という言葉にピンとこなければ、“好き以上の気持ちがない”、または、“好きという気持ちがない”でも構いません。誰でもわかることかもしれませんが、厄介なのは、真実を確かめる術がないということ。

また、真実を知ることが怖くて、セフレの関係を続けてしまう女性もいるのも問題です。

決定的な違いなので、目を背けることなく彼の心と向き合えば、自分がセフレなのか彼女なのか、ハッキリと見えてくると思いますよ。

 

■お金や時間の違い

セフレと彼女には、“お金や時間の使い方”で違いがあるようです。

個人によって違いの差が変わるため、程度は明確ではありませんが、簡単にいえば、彼女には高価なプレゼントを買い、費やす時間も多いみたいですね。

中には、彼女に対してお金を使わない人や、時間を費やさない人もいるので一概には判断できませんが、収入はあるのにお金を使ってくれず、時間を費やしてくれない彼の場合、あなたをセフレと思っている可能性が高いですよ。

 

■エッチだけで関係を深めるか否か

セフレと彼女との明確な違いは、“エッチだけで関係を深めるか否か”のようです。

双方合意の上でセフレになったのなら、エッチしかすることはないでしょうが、そうではない場合、デートをすることもありますよね。

でも、セフレとして扱いたい男性からしてみれば、デートは煩わしいプロセスでしかありません。

極力エッチだけで関係を築こうとするはずなので、彼がエッチ以外で関係を深める気があるのかどうかを見れば、あなたをセフレと思っているのか彼女と思っているのかが、見えてくるのではないでしょうか。

 

「セフレかも?」と少しでも疑念を抱くような関係なら、セフレの可能性が高いと思います。彼があなたを彼女として扱い、彼女として見ていれば、少しの疑念を抱く事象がないのではないでしょうか。

ただ、性格的に彼女を雑に扱ってしまう男性もいるので、決定的な違いを参考に、見極めてみて下さいね。

【画像】

※ nd3000/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる