オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【手相占い】あるとラッキー!「強運な人」が持っている相

【手相占い】あるとラッキー!「強運な人」が持っている相

運の強さは人それぞれ。「私ってツイてる!」と感じる人とそうでない人の差は一体どこにあるのでしょうか。もしかしたらその秘密は、手の平に刻まれている相に隠されているのかもしれません。

そこで今回は、占い師の筆者が、“強運な人が持っている相”をご紹介いたします。

 

■1:人差し指の下部「木星丘」で感情線が終わる…人と愛情に恵まれる人徳相

感情線が長く伸び、“木星丘”(人差し指の付け根の下部分)のあたりで終わっている手相の持ち主は、人徳があり思いやりにあふれる性格。異性に対しても誠実で、結婚後は家庭を大切にするでしょう。多少のすれ違いがあったとしても、自分と相手にきちんと向き合うことで夫婦関係を修復し、さらに絆を深めていける人だと言えます。パートナーの運気も高められる、いわゆる“アゲまん”体質なので、内助の功によりお金に困ることもなさそうです。

 

■2:生命線から出た線が運命線とひし形に…不幸が逃げていく強運相

生命線は短くても、そこから手のひらの中央に向かって2~3本線が出ていて、運命線との間にひし形を作っている場合は、生命線の意味合いがよりいっそう強まります。大病をしたり大事故に遭ったりなど命に関わるような出来事が起きても、九死に一生を得る“豪運の相”です。トラブルや不幸が起こっても、不思議となんとかなってしまうのがこの相の持ち主。強運を維持するためにも、謙虚さを忘れずに。

 

■3:中指の下で知能線が1本は横に、1本は「月丘」に伸びる…ビジネスセンス抜群の相

中指の下あたりで知能線が2本に分かれ、1本はそのまま横に走り、もう1本は“月丘”(手を握った時に小指が触れる広範囲の部分)に伸びている相は、世渡り上手で優れた商才があることを示すもの。横線は損得勘定が得意で器用な性格を意味していて、月丘に伸びる線は豊かなセンスとアイディア力を意味します。そのため、この手相の持ち主は、ビジネスが天才的に上手いはず。会社に勤めるよりも、自分で事業を起こした方が強運を活かせるでしょう。

 

■4:生命線が弧を描き金星丘に長く伸びる…病魔を寄せ付けない生命力ある相

生命線がハッキリとした線を刻んでおり、“金星丘”(親指の付け根から広がる部分)の底まで長いカーブを描いている相の持ち主は、生命力が強いタイプ。遺伝的に長寿体質を受け継いでいる場合も多く、親族にも長生きの方がいるのではないでしょうか。健康に恵まれた強運相で、病気知らず。ただし、線が切れ切れだったり横線が入っていたりする場合は、不摂生に気をつけて。

 

“強運”というのは本来、生まれ持った才である場合が多いのですが、自分自身で磨いていくことで、徐々に強運になっていく場合も。日々正しく、地道な努力を続けている人の手は、刻々と強運の相に変わっていきます。逆に、強運の相があったとしても、そこにあぐらをかいてしまうとかえって運が下がってしまうことも。強運は、日々の過ごし方によってつくられるものなのかもしれませんね。(脇田尚揮/ライター)

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる