オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 岩田剛典の貴重な撮影体験「目が合うと…初めて会った気がしない」

岩田剛典の貴重な撮影体験「目が合うと…初めて会った気がしない」

5月17日(木)、映画『Vision』完成披露イベントが丸の内ピカデリーにて行われ、出演する岩田剛典さんらが登壇しました。

『Vision』は『あん』、『光』などで知られる河瀬直美監督による最新作。

幻の薬草『Vision』を探し求めるフランスの女性エッセイスト・ジャンヌ(ジュリエット・ビノシュさん)と、吉野の山間で生活をする山守・智(永瀬正敏さん)との心の交流を描きます。

若い女性で埋め尽くされた場内を見渡し、河瀬監督は「見る限り、私の映画を観るシニア層があまりおらず、その原因だね」と人気の元だと、岩田さんを見やります。

「ははは」と笑顔を見せた岩田さんに永瀬さんと河瀬監督が「楽しみですね」と振ると、岩田さんも「楽しみですね」と答えていました。

本作で岩田さんは“謎の青年・鈴”として登場します。

役どころについて、岩田さんは「山守の中でも特殊伐採というのを生業としている人物なんです。ロープ1本で木を登り、その先の枝をのこぎりで切るシーンがあったんですけど、吹き替えを使わずやりたくて、数日間練習しました」と驚きの体験を打ち明けます。

「意外と上達が(早く)1~2日くらいで、なじんで。意外と向いているのかなって。もし転職するなら次は山守になりたいな」と、やや得意気に話した岩田さんでした。

役どころそれぞれで、ジャンヌに惹かれるという流れがあるようで、河瀬監督から「役としてジャンヌに惹かれた理由を聞きたい」と質問された男性陣。

岩田さんは、「目が合うと僕もビノシュさんも初めて会った気がしない、不思議な感覚が撮影期間中にありました。クランクアップした後も、ビノシュさんからもそういう連絡をもらいました。だから目、ですね」と振り返ります。

すると、河瀬監督が「惹かれる女性像かもしれませんね。昔の人の(言う)まぐわいって、目が合うっていうことなんですよ」とプチトリビアを披露し、観客をザワつかせていました。

『Vision』は6月8日(金)より全国ロードショーです!

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる