オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > これまでで一番「ウケた」菜々緒の差し入れとは…?

これまでで一番「ウケた」菜々緒の差し入れとは…?

5月18日(金)、『ベスト手土産ニスト2018』発表会が都内にて行われ、第1回『ベスト手土産ニスト』に選出された菜々緒さんが表彰されました。

この日、菜々緒さんは体にぴったりとフィットしたセクシーなワンピース姿で発表会に登場。

菜々緒さんが選ばれた『ベスト手土産ニスト』とは、日本のおもてなし文化の象徴でもある“手土産”の普及を目的に、“手土産”を象徴するスタイリッシュで、気遣いや真心、おもてなしの精神が豊かな有名人を表彰する賞です。

ちなみに、秘書のためのサポートサイト『こちら秘書室』の秘書会員アンケートの結果をもとに、事務局にて選出しているとのこと。

菜々緒さんは、「初代ということで、とてもうれしく思っております。仕事で手土産というか差し入れをすごくするので。今回、手土産のプロの秘書の方たちに選んでいただけたのが驚きで、すごく光栄です」と喜びを爆発させます。

秘書のイメージについて聞けば、「身だしなみもひとめで秘書さんなんだなってわかる、美しい方が多いイメージです。仕事(役)でスーツを着る機会が多いんですけど、キャラクター的にダーク系が多く、淡い色を着るキャラクターを演じたことがないので、演じてみたいです(笑)」と、密かな“秘書役”願望ものぞかせていました。

そんな菜々緒さんがドラマや映画の現場で差し入れを選ぶポイントは、「バランスを考えます。甘いものと甘いものがぶつからないようにとか、時間帯によっても朝だったら軽め、夜だと重いとか、考えて差し入れすることが多いです」と、やはり気遣いを見せていました。

これまで一番「ウケたな」という差し入れはと言うと……。

「焼肉弁当、カツサンドとか!体力や頭を使う現場がすごく多いので、ガツンとしたものはすごく喜ばれる印象はあります。これからだったら涼し気とか、ひんやりしたものが喜ばれるのかな?」と語っていました。

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる