オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「ひとりエッチしちゃった…」不倫男が送った赤っ恥LINE

「ひとりエッチしちゃった…」不倫男が送った赤っ恥LINE

「一緒になれない」と分かっているからこそ、燃え上がるのが不倫。あなたも心に余裕のある既婚男性にフラッときた経験が一度はあるのでは?

でも、実際にお付き合いをしてみたら「やっぱり無理!」と嫌気がさしてしまう女性が続出! その原因は、どうやら不倫男が送るLINEにあるのだとか……。

そこで今回は、20~40代既婚男性を対象に“不倫”に関するアンケートを実施! “今だから言える赤っ恥LINE”を大暴露してもらいましたよ。

 

■「俺たちにこんな試練を与えるなんて…」と戯言LINE

「部下の女性と不倫関係にあったとき、いい顔を見せたくて“神様は残酷だよな”“俺たちにこんな試練を与えるなんてさ”とカッコつけたことを言っていた。関係が終わった今は、恥ずかしくてオフィスで顔も合わせられない。」(37歳/商社)

とにかく不倫関係に溺れて現実逃避したい男性に多かったのが、「俺たちにこんな試練を与えるなんて、神様は意地悪だね」といったつぶやき。恋人同士だったら思わずドキッとしてしまいそうなLINEですが、あくまでもこれは不倫関係。いつもクールな上司から突然送られてきたら「イメージと違う!」とガッカリしてしまうかもしれませんね。

 

■「○○ちゃんのこと考えてひとりエッチしたよ」と写真付きで報告LINE

「仕事が忙しくてなかなかデートできなかったとき。彼女への気持ちをどうしても抑えられなくて、写真付きでひとりエッチの報告をしたことがある。彼女は“かわいいね”と返してくれたけれど、冷静になってみたら危険だし恥ずかしいだけだよね。」(35歳/メーカー)

不倫経験のある男性がもっとも送りがちなのが、「いま○○ちゃんのこと考えてしているよ」なんてひとりエッチの報告LINE。なんと写真付きで送ってしまう赤っ恥男性がいるというから驚きですね。きっとLINEを受け取った女性も「かわいいね」と言いながら心のどこかで「ないわぁ」と引いていたはずです……。

 

■「もっと早く君に出会いたかった」と気障な台詞LINE

「妻も子どももいるから、離婚してまで一緒になるつもりはなかったけれど、彼女を喜ばせたくて“もっと早く君と出会いたかった”“妻に出会う前に君と出会っていたら……”と気持ちを盛り上げるような気障なセリフをLINEしていた。」(39歳/金融)

いずれ終わりが訪れる不倫関係だと分かっていながら、「もっと早く○○ちゃんに会いたかった」「生まれ変わったら一緒になろう」なんてズルい台詞を送る男性は少なくないようです。彼女はもちろん、自分自身の気持ちを盛り上げるために送ったメッセージとはいえ、後になってあらためて読むと恥ずかしさでいっぱいになるそうですよ。

 

不倫というカタチでも、やっぱり“恋は盲目”。今回ご紹介したような赤っ恥LINEが生まれてしまうのは、男性がたとえ一瞬でも、相手の女性を本気で愛してしまった結果。既婚男性の正直な気持ちの表れなのかもしれませんね。

【取材協力】

※ 20~40代既婚男性

【画像】

※ Flotsam/shutterstock

Recommend
検索窓を閉じる