オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > スイッチON!男が思わず「アプローチしたくなる」瞬間

スイッチON!男が思わず「アプローチしたくなる」瞬間

男性もスイッチが入ったら、女性に対して必死にガンガンとアプローチをするようになるはずです。

どういうときにそのスイッチが入りやすいのかを知っておくと、気になる男性の心を揺さぶることもできるでしょう。

そこで今回は、男が思わず“アプローチしたくなる”瞬間を紹介します。

 

■「絶妙な距離感」を保たれる

男性が最も夢中になってしまう女性は、“手に入りそうでなかなか簡単には手に入らない女性”です。その絶妙な距離感を保つことができると、必然的に男性がアプローチを仕掛けるようにもなってくるはずです。

男性に対しての興味や関心は見せつつも、追いかけたり近づきすぎたりはぜずに、適度な距離は取っておくといいかも。そんな状況が続いたら、男性の気持ちも次第に高まっていき、最終的にはガマンができなくなっちゃうことでしょう。

 

■「ライバル」が出現する

気になっている女性に対して、ライバルとなるような男が現れたら、さすがに男性もスイッチが入るはず。“取られてしまうかも”という気持ちが働いたら、なりふり構わずにアプローチをしてくるようになる可能性も高いです。

いい雰囲気になってきているのに、いつまでも関係性が発展しないのであれば、ちょっと嫉妬心をあおってみるのもアリかも。ただ、やりすぎたり、下手に他の男の存在を臭わせすぎたりすると、引かれてしまうだけなので、軽く嫉妬させる程度にしておくべきですよ。

 

■「夢中になっているもの」がある

仕事や勉強、趣味など、何か夢中になっているものがあり、それに打ち込んでいる女性の姿は、男性の目にはとても魅力的に映ります。そういう女性には好感も持つでしょうから、だんだん異性として意識するようにもなりやすいでしょう。

逆に、恋愛が全てになっているような女性は、依存されたり束縛されたりしそうな感じがするので、“下手に手を出してはいけない”という思いにもなるはず。“自分”をしっかりと持っている女性だと、男性も思わず追いかけたくなるものですよ。

 

■なんとなく「好意」を感じる

男性は、こと恋愛に関しては臆病な人が多いです。だからこそ、気になっている女性がいたとしても、その女性が自分のことをどう思っているのかが全くわからない状態では、怖くてなかなか動き出すことができないのです。

でも、なんとなくでも好意を感じることがあると、「俺のこと好きなのかな?」なんて思いが芽生えるもの。そうなると、自信が持てるようにもなるので、“アプローチをしてみよう”という思いも湧きあがってきやすいです。まずは、女性の方からたくさん話しかけるようにしてみると好意を伝えやすいかも。

 

気になる男性がいるのであれば、自分からアプローチをするだけではなく、男性に追いかけさせるようにすることも大事。追いかけているうちに、どんどんあなたに夢中になってくれる可能性も高いですよ。

【画像】

※ Look Studio/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる