オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 1本で3役!超万能「無印良品」コントロールカラーを使ってみた

1本で3役!超万能「無印良品」コントロールカラーを使ってみた

メイク下地としてメイクの仕上がりを綺麗に見せたり、お肌の色味を調整したりするためにピンクやイエロー、グリーン、パープル、ブルーなどの色の種類があるコントロールカラー。

自身の肌にはどのような色味が合うのか、色味によってどのような印象や仕上がりになるかイマイチわからな……という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は『無印良品』のコントロールカラーを使いながら、コントロールカラーの選び方をご紹介します。

 

■コントロールカラーとは?

人によって同じ肌色でも赤みのある肌、黄身がかった肌、青白い肌など人それぞれ様々な色味がありますよね。

メイクによって肌色のファンデーションを重ねますが、その前にお肌の色味やくすみ、くま、赤みを補正、補色することでお肌の色味を均一にするために活用するのがコントロールカラーの役目です。

コントロールカラーは色味に対してカバーするものであり、化粧下地はファンデーションの仕上がりを整えてくれるものなのでコントロールカラーと化粧下地は別物ということを覚えておきましょう。

 

■コントロールカラーの色の選び方

(1)ピンク

・お肌が青白い

・自然な血色感が欲しい

(2)イエロー

・目元や口元のくすみなど部分使いに

(3)グリーン

・ファンデーションでカバーしきれないニキビやニキビ跡などの赤みのカバー

・透明感を出したい

(4)パープル

・お肌が黄くすみがち

・お肌に透明感、清潔感が欲しい

(5)ブルー

・黄くすみや赤ら顔、ニキビ跡などをカバーしたい

・クールで涼しい印象に見せたい

コントロールカラーによってお肌の何をカバーしたいかの目的が違ってきます。

 

■1本でUVカットと色味補正と化粧下地の役割ができる!

メイクをする際に、日焼け止めを塗って、コントロールカラーと化粧下地を使い分けながら塗り、ファンデーションを重ねるなど色んなものをお肌に重ねて塗るのは面倒だったり、塗りたくないと感じたりする方も多いのではないでしょうか?

無印良品の『UVベースコントロールカラー』は、ピンク、イエロー、ブルーの3色展開によってそれぞれのお肌の悩みをコントロールカラーでカバーしながら、これからの夏の季節にも負けないようにSPF50+ PA+++で紫外線からしっかりお肌を守ることにも特化しています。

植物性うるおい成分にはカミツレ花エキス、ホホバ種子油、シア脂、アンズ核油、保湿成分にヒアルロン酸Naを配合、無香料、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー、紫外線吸収剤フリーとなっています。

筆者は黄身と赤みがかかった肌色なので、ピンクやブルーのコントロールカラーがお肌の色味をカバーするのに適しているのですが、血色のある肌に見せたいのでピンクを使用します。

洗顔後、スキンケアでお肌を整えたあと、UVベースコントロールカラーをよく振ってから適量を取り、お顔全体、首などムラの無いように伸ばしながらハンドプレスしてなじませます。液体状なのでよく伸びてムラになりにくく白浮きもしません。

何も塗ってない素肌の状態とコントロールカラーを塗った後では、ニキビ跡の赤みがカバーされ、さらにファンデーションを塗ることで魅せたいお肌の印象、メイクの仕上がりの印象が違います。

 

今まではなんとなく化粧下地を選んでいたという方は、自分のお肌の特徴にあった色味のコントロールカラーとベースが一緒になっているものを選んでみると、今までメイクでカバーしきれなかったところやメイクの仕上がりの違いを実感できるのではないでしょうか。パッと明るい肌印象メイクに取り入れてみてはいかがですか?

【参考】

※ 無印良品

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる