オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【生年月日相性占い】「いつまでもラブラブでいられる」相手は?

【生年月日相性占い】「いつまでもラブラブでいられる」相手は?

いつまでも長続きする関係は、恋人たちの理想とも言えます。そんな相手はどのような人なのか、数秘術で見てみましょう。

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

そこで今回は占い師で心理カウンセラーの筆者が、生年月日から“いつまでもラブラブでいられる相性”を導いてみましょう。

(例)1980年3月14日→生まれ年1+9+8+0=18、1+8=9、生まれ月の3はそのまま、生まれ日1+4=5、全部合わせて9+3+5=17、1+7=8、よって、1980年3月14日生まれの人のナンバーは“8”です。

 

■ナンバー1・8のタイプ…自分に合わせてくれる相手と長続き

1と8の数字のあなたは、自分に合わせてくれる相手といつまでも長続きしそう。ワガママな人は難しいでしょう。

1の人は、好きな相手を自分好みの人に仕立て上げる傾向が。純粋無垢で好きな人に尽くすことに喜びを感じる7の人と、好相性です。

8の人は、自分の世界を作り上げるタイプ。そんな8の人を全面的に信頼してくれる2の人のために、頑張ろう!と思えるはず。

 

■ナンバー2・9のタイプ…調和を大事にしてくれる相手が理想的

2と9の数字のあなたは、調和を大切にしてくれる相手と上手くいくと言えます。相手選びはかなり慎重でしょう。

2の人は、周囲との和を大切にするあまりストレスを溜めやすいタイプ。超プラス思考の8の人となら、明るいライフを送ることができるはず。

9の人は同じ9の人と好相性。倫理観や価値観が似ているため、ケンカすることも無いでしょう。バランスの取れた関係だと言えます。

 

■ナンバー3・5・6のタイプ…明るく前向きな相手と好相性

3と5と6の数字のあなたは、明るく前向き、建設的な関係をパートナーに求めています。そのため、健全な性格の人と長続きするようです。

3の人は、明るく前向きな6の人となら楽しい時間を過ごすことができそう。6の人の思いつきを3の人が実現していく相性です。

5の人は好きな相手に対しては全力投球。一見頑なな4の人もどんどん心を開いてくれるようになるでしょう。

そして、6の人は恋すると相手と豊かな関係をつくっていきたいタイプ。そのため、きめ細かな気配りをくれる3の人となら良い関係に。

 

■ナンバー4・7のタイプ……自分に無いものを持っている相手

4と7の数字のあなたは、やや偏っているところがあるため、自分に無いものを補ってくれる相手と、長く付き合えると言えます。

4の人は、マイペースを守りたい性格なので、相手に合わせることに喜びを感じてくれる5の人とは長続きしそう。5の誠実な温かさに4の人はホンワカ気分に。

7の人は、心のどこかで“守って欲しい”という気持ちを持っています。そのため、“任せなさい”タイプの1の人と息の長い付き合いができるでしょう。

 

古くから、生年月日にはその人“固有のパワー”が宿っていると信じられてきました。そして、そこから様々なことを知ることができるとされたため、自分の生年月日を教えることは、弱点を晒すことに等しいとまで言われたそうです。そんな生年月日占いを上手に活用して、自分自身や相手のことをもっと深くまで知ってみてはいかがでしょうか。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※  Juanje Garrido/shutterstock

【関連記事】

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる