オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【生年月日相性占い】「自然体でいられる」相手は?

【生年月日相性占い】「自然体でいられる」相手は?

自然体でいられることは、恋人だけではなく人間関係においても大切。気疲れしない相性の人はどこにいるのか、“数秘術”でみてみましょう。

数秘術とは生年月日の数字をそれぞれバラバラにして、一桁になるまで足し算を行い、その数字でその人の運命をみるという占術です。

(例)1980年3月14日→生まれ年1+9+8+0=18、1+8=9、生まれ月の3はそのまま、生まれ日1+4=5、全部合わせて9+3+5=17、1+7=8、よって、1980年3月14日生まれの人のナンバーは“8”です。

 

■ナンバー1・8のタイプ…自分よりも一枚上手な知的な相手

1と8の数字のあなたは、知的な相手の前だと自分自身が丸裸になってしまうようです。心をオープンにできることでリラックスできるはず。

1の人は、隠しごとができないストレートな性格。そのため、5の人が持つ不思議な魅力に、自分を見透かされたかのような気持ちになりそう。

8の人は、チャレンジするのが好きな性格。3の人のフットワークの軽さと知識には、ついつい負けてしまいそう。

 

■ナンバー2・9のタイプ…感情をオープンにしてくれる相手

2と9の数字のあなたは、感情をオープンにしてくれる人に心を開けるようです。ウソやごまかしのない関係こそが、自然体なのです。

2の人は、自分の気持ちを表現するのが苦手な性格。でも、7の人の素直な性格に触発されて、無意識に心を開きそう。

9の人は、真面目過ぎて損をすることが多いのですが、6の人の誠実な姿勢を見ていると少し心が柔らかくなるようです。

 

■ナンバー3・5・6のタイプ…熱と楽しみを吹き込んでくれる相手

3と5と6の数字のあなたは、自分の生活に熱と楽しみをもたらしてくれる相手がピッタリ。少し強引なくらいの相手が気楽でしょう。

3の人は、楽しいことが大好き。8の人の行動力が混ざり合うと、やりたいことを何でもできるはず。

5の人は不可能を可能にできるパワーを持っています。それを現実化してくれるのが1の人の熱意です。
そして6の人は、人の心にものすごく関心があります。9の人のどこか哲学的な生き方に、尊敬の気持ちを覚えそう。

 

■ナンバー4・7のタイプ…ありのままで気取らない相手

4と7の数字のあなたは、“頑張らない人”が一番。ありのままで気取らない相手となら、自分の心の鎧を脱げるはず。

4の人は、自分の世界観やスタイルを変えるのが苦手。でも、同じ4同士なら、肩ひじ張らなくていいでしょう。

7の人は、ピュアさが魅力だと言えます。2の人の穏やかで堅実な性格に触れると、心を動かされることが多いでしょう。

 

古くから、生年月日にはその人“固有のパワー”が宿っていると信じられてきました。そして、そこから様々なことを知ることができるとされたため、自分の生年月日を教えることは、弱点を晒すことに等しいとまで言われたそうです。

そんな生年月日占いを上手に活用して、自分自身や相手のことをもっと深くまで知ってみてはいかがでしょうか。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ Andrew Angelov/shutterstock

【関連記事】

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる