オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 志尊淳に単独インタビュー!「劇場版 ドルメンX」で披露「半沢直樹」物…

志尊淳に単独インタビュー!「劇場版 ドルメンX」で披露「半沢直樹」物まねの秘話も

話題の映画やテレビドラマに次々に出演し、めきめきと頭角を現している俳優・志尊淳さん。

最新主演映画『劇場版 ドルメンX』では、ある惑星から地球にやってきたイケメン宇宙人4人組のリーダー“隊長”役を、コミカルさも発揮しながら、ピュアに演じています。

高木ユーナさんの同名人気漫画の実写化となった本作は、「アイドルになって地球侵略」を目論む4人が、人間の心を知っていき挫折や苦悩も味わうという青春ストーリー。

NOSHでは、『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』にて志尊さんにインタビューを実施、胸に秘めた熱い想いを語ってもらいました。

Q:すでにテレビ版は放送が終わっています。志尊さんのもとには、どのような反響が寄せられていますか?

志尊淳(以下、志尊):「ふざけたことやってるね~」と、すごくいい褒め言葉をいただいています。僕の周りの人から見ると、「普段の淳に近い感じだね」「淳が楽しそうにやっていたね」とも言われるんです。自分自身、ふざけることが好きなタイプなんです。今までは、こういう役柄がなかったので。

Q:では、とてもうれしい感想ですね。

志尊:そうですね。それに、「最初どういう作品かわからなかったけど、すごく面白かった!」といろいろな人に言っていただけていて。反響を聞く前から、僕は「すごく面白い作品だな」と思っていたので、すごくうれしくて。

Q:本作には、志尊さんのコメディエンヌ要素がいかんなく発揮されていますから。

志尊:コメディ要素に関しては、監督にお任せしていました。間の取り方、テンポ感など、もちろん自分で気持ちの部分は作っていって、「これ、どっちのほうがいいですか?」とリハーサルでいろいろなパターンをやり、「これでいこう」と決定する流れでした。SE(効果音)が入ったり、編集の力で、さらに立ててくださっているなと感じているので、助けてもらいました。

Q:実際コメディの演技に挑戦されて、いかがでしたか?

志尊:ものすごく難しいですが、作品の内容的に「とにかく笑える」というよりも、バカ真面目にやっている延長戦上で、笑いに変わる部分があるんです。本質的な部分は絶対にブラさないで、真面目に、隊長なりにがむしゃらにやっている。その結果、ああなってしまっているというキャラの位置づけを務めたので、そこさえブレなければ大丈夫だと思っていました。だから、少しコメディとは違った認識かもしれません。

Q:真面目にやればやるほど、面白く見えるという効果。とはいえ、トレーラーで解禁されている『半沢直樹』風の演技に関しては……?

志尊:(笑)。あの場面は、最初「100倍返しだ」の台詞だけだったんです。

けど、僕と浅香航大くんで、「せっかくなら、ちょっと“半沢直樹”風にやってみない?」と話して、浅香くんが香川(照之)さんの土下座物まねをやって、その後に僕が堺(雅人)さんの物まねをやってみよう、と。試しに、リハーサルでふたりでやってみたところ、皆さんが大爆笑してくれて(笑)。始まる前はずっと堺(雅人)さんの動画を見ていました。『100倍返し……』(※声色)。

Q:本物、出ました(笑)。

志尊:ずっとやっていたので(照)。

Q:そうやって、皆さんで作り上げていった部分が多かったのでしょうか?

志尊:はい、チームで作った部分がこの作品は本当に大きいです。原作の漫画の世界観も生かしつつ、2~3秒でも広がっている世界があると思っていたので、カットされるかもしれないけど、カットがかかるまでは常に貪欲にやっていました。お芝居を重ねていきながら、「どれが一番隊長としてハマるんだろう?」と探りつつ、本番で見せることの繰り返しで。一発勝負で、リハーサルと本番で全く変えても、快く受け入れてくださる現場でした。

Q:キャストさん、スタッフさんが一丸となっている雰囲気を、スクリーンからも感じます。

志尊:ぎゅうぎゅうにスケジュールも詰まっていたんですよね。短くて、11日間でドラマと映画版を全部撮ったんです。

Q:ダンスなども、その中で練習されたんですか?

志尊:撮影が夜10~11時に終わったら、その後ダンス練習して、次の日も早朝から撮影、とかも全然ありました。でも、それでカンパニーの絆が深まったんです。

Q:劇中の合宿シーンのようですね。

志尊:そうです!合宿のシーンなんて、ずっとあそこにいましたし。合宿も1日で撮ったんですよ(笑)。

Q:ちなみに、志尊さんはこれまでハマッたアイドル、俳優、作品などはありますか?

志尊:それがまた、いないんですよ。人、モノにハマッたことがなくて……。

Q:「気になる」という方だと、どなたかいらっしゃいますか?

志尊:松井秀喜さんですかね!? 小学生時代に!それかメルヴィン・マヌーフさんというオランダの総合格闘家(笑)。歌手で好きな方もたくさんいるんですが、僕、ライブに行ったりもしないですし、俳優さんを追いかけてどうこうもなくって。

Q:「ハマる気持ちが、どうもわからない」といった感じですか?

志尊:「わからない」とは思わないです!そこまで熱中したことがないぶん、自分がファンの方々の熱を感じさせていただくと、そう思ってくださることがすごくうれしい。もっともっと自分なりに工夫したいなとも思います。応援してくださる方に、感謝を伝えるイベントとかも作りたいというのは事務所と相談したりもしています。(取材、文:赤山恭子、写真:You Ishii)

インタビューは後編に続きます。

☆後編はこちら

『劇場版 ドルメンX』は6月15日(金)より全国ロードショーです!

【関連記事】

■志尊淳さんのサイン入りチェキをプレゼント

NOSHでは、志尊淳さんのサイン入りチェキを抽選で2名様にプレゼントします。

【応募方法】

1:NOSHの公式Twitterアカウント(@nosh_media)をフォローし、以下ツイートをRTしてください。

2:以下、応募フォームより必要事項を記入して送信してください。(NOSH運営会社(株)TBSテレビのサイトに移動します)

※ 当選者の方に限り、NOSH編集部よりDMにてご連絡いたします。応募期間後もアカウントのフォローをお願いします。また、当選のご連絡後、2日間ご返信がなかった場合は無効となりますので、ご注意ください。

※ チェキの種類は選べません。あらかじめご了承ください。

【応募期間】

2018年6月12日~2018年6月15日まで

【注意事項】

※ 鍵付きアカウントは応募状況の確認ができないため、無効といたします。

※ 本プレゼントキャンペーンにおいて、不適切な行為がされていると判断しましたアカウントは、対象外となります。

※ 本プレゼントキャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用は読者様のご負担となります。

※ 応募時の内容に記載不備がある場合は、無効となります。

※ 抽選に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。

Recommend
検索窓を閉じる