オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > TAKAHIRO「いつかは…」映画監督に意欲も、黒木瞳監督のアドバイ…

TAKAHIRO「いつかは…」映画監督に意欲も、黒木瞳監督のアドバイスは「美人すぎて入ってこない」

6月13日(水)、『ショートショート フィルムフェスティバル&アジア』の『Branded Shorts 2018』部門にて『“ショートフィルムの魅力”powered by ネスレ日本』が都内にて行われ、黒木瞳さん、EXILEのTAKAHIROさんらが語り合いました。

『SSFF&ASIA』は、米国アカデミー賞公認アジア最大級の国際短編映画祭。

『Branded Shorts』は企業や団体がブランディングを目的に制作したショートフィルム(ブランデッドムービー)を表彰する部門となっています。

今回、TAKAHIROさんは、ショートフィルム『カナリア』(松永大司監督)で主演を務めました。

演じた役どころについて、TAKAHIROさんは「台詞が二言くらいしかなくて、大丈夫なのか、と思いながらいどみました」と苦笑気味に言うと、アンバサダーも務めるLiLiCoさんは「少ないほうが難しいじゃないですか?」と投げかけます。

TAKAHIROさんはうなずき、「難しいです。言葉に出す難しさもあると思うけれど、言葉にできない憤りというか」と同意。

LiLiCoさんが「観ているほうとしては感じ取れたけど、ルックスが全然違ったね!」とさらに感想を伝えると、TAKAHIROさんも「そうですね。監督には“EXILEのTAKAHIROをいかに消すか”と言われたので」と言えば、「素敵なフェロモンが消せるんだなって!」とLiLiCoさんも、別人のような役作りに太鼓判を押していました。

さらに、『カナリア』が1編を成す『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』について、LiLiCoさんは「LDHの皆さんはいい男ぞろいなのは皆がわかることですけど、本作を通して見たことのない表情、演技にすごく惹かれます。“イケメンだらけ”という表現もいいですけど、もっと深いものがいっぱいある」と魅力をとうとうと伝えました。

代表の別所哲也さんとLiLiCoさんに「黒木瞳さんのように監督デビューは?」と強く勧められると、TAKAHIROさんは「いやいや、僕は……。役者として学ぶべきことがたくさんあるので、学びながら、いつかやってみたいとは思います」と意欲を見せていました。

そこで黒木さんが女優として表現することと、監督として存在することの違いやアドバイスをTAKAHIROさんに話し始めましたが、TAKAHIROさんは「黒木さんが美人すぎて内容が入ってこない(笑)」と茶目っけたっぷりに返事をし、会場を沸かせていました。

『SSFF&ASIA2018』は開幕中です!

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる