オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 急接近のキッカケに♡「雨の日」にさりげなく男心をつかむ行動

急接近のキッカケに♡「雨の日」にさりげなく男心をつかむ行動

これからの梅雨の時期は、雨の日が続いて憂鬱な気分になりやすいかもしれません。

でも、雨も上手に利用すれば、気になる男性と急接近できたりするキッカケになる可能性もあります。

そこで今回は、“雨の日”にさりげなく男心をつかむ行動を紹介します。

 

■「傘」に入れてあげる

気になる男性に対して、「一緒に帰りましょうよ」とは恥ずかしくてなかなか言えないかもしれません。でも、雨の日に「よかったら入ってください」と傘の中に誘うことなら自然な流れでできるし、男性もすんなりと入れるはず。

濡れないように傘に入れてくれるやさしさや気遣いは、男性としても単純にうれしいものです。しかも、相合傘をして一緒に歩くという行為は、まるで恋人同士のようでもあるので、内心はかなりドキドキした時間になることでしょう。

 

■「濡れた体」を拭いてあげる

外出先から雨に濡れて帰ってきた男性に、「これ使ってください」とそっとハンカチやタオルを差し出すのはかなり効果的な行動です。ただの気遣いだけではなく、好意のようなものも少し感じるので、ドキッとする瞬間でもあるかも。

もしももっと大胆な行動を取る勇気があるのなら、タオルを貸すのではなく、あなたがやさしく濡れた肩や腕などを拭いてあげるといいでしょう。これにはボディタッチの要素も含まれているので、男性はかなり心を揺さぶられるはずですよ。

 

■「余った傘」を貸してあげる

急に雨が降り出してきて困っている男性に、「私もう一本傘あるから、これ使って」と余った傘を貸してあげると、かなり好印象を持ってもらえます。折りたたみ傘などを用意していることにも、「ちゃんとしている子だな」と好感度がアップしやすいです。

また、傘を貸してあげることで、それをキッカケにして会話をする機会が増えたり、お礼に食事に誘ってもらえたりと、ふたりの距離が縮まったりする可能性だって十分にあり得ます。スペアの傘を持っておくのも大事かもしれませんね。

 

■「傘の中」に入り込む

自分の傘がなくて困っている場合は、勇気を出して気になる男性の傘の中に入り込むのもアリかも。「駅まで入れてください」などと言って、ちょっと強引に傘に入れてもらったりすると、男性もキュンとしやすいです。

他の男性ではなく自分の傘の中に入ってくることで、ちょっと好意を感じたり、優越感を得たりと、男性は内心うれしかったりするもの。気になる男性とちょっとずつ距離が縮まってきている状態だったら、こういった行動でさらに仲を深めたりするのもいいでしょう。

 

雨の日は、もしかしたら好きな男性と相合傘や、接近できる機会があるかも。雨だからこそ、近づける口実もできるので、チャンスを逃さないようにしてくださいね。

【画像】

※ Flystock/shutterstock

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる