オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「俺に惚れたな?」オジサンが“脈あり”と勘違いしちゃったLINE

「俺に惚れたな?」オジサンが“脈あり”と勘違いしちゃったLINE

社交辞令で言ったつもりの言葉を真に受けて、「もしかして俺のこと……」と勘違いしてしまうオジサンたち。あなたも「そんなつもりはなかったのに」と頭を悩ませた経験があるのでは?

そこで今回は、30~40代男性に“脈ありだと思ったLINE”を徹底リサーチ! 男性の恋愛スイッチをオンにしちゃう勘違いLINEをピックアップしてみました。

 

■「忙しいところすみません」「遅くなってごめんなさい」

「返信が遅れちゃったとき、“遅くなってすみません”って謝ってくれるのは、俺に嫌われたくないからでしょ?忙しい時間帯のときに“お忙しいところLINEしてごめんなさい”って断るのもそう。どうでもいい相手なら、もっと適当に返信するはずだからね。」(34歳/IT)

たとえ脈なしだとしても、自分より立場が上の上司に対して返信が遅れてしまったときは「遅れてすみません」と謝るのが常識ですよね。それを何ともポジティブに「こいつ、俺に気があるな」と捉えてしまう勘違いオジサンがいるとは……。

 

■「今日はありがとうございました」「また行きましょう」

「仕事終わりに数人でご飯を食べに行ったとき、ある女性から“今日はご馳走様でした” “楽しかったです”とLINEが来たときは、俺にもチャンスが巡ってきたと思ったね。結婚しているけど、ちょっと遊ぶくらい悪くないでしょ?」(38歳/商社)

食事をご馳走になったあと、「今日はありがとうございました」「また連れて行ってください」と個別LINEするのはとっても危険! あなたが思っている以上にオジサンは「俺にもチャンスが巡ってきた!」「まだ需要があるみたいだな」と勘違いするようですよ。たとえ社交辞令でも、お礼を伝えるときはグループLINEにしましょう。

 

■「恋人いない」「元カレがしつこくて」

「相談ごとの中でも、元恋人に関する愚痴を聞かされると、俺を頼っているのかなと思う。あと“今は彼氏いません” “イイ人いないかな?”ってLINEもお誘いにしか聞こえないんだけど違うの?」(42歳/メーカー)

女性から相談ごとを持ち掛けられたり、頼られると「嬉しい」「力になってあげたい」と思う男性がたくさん! しかもそのうち半数以上は“恋”を期待しているというから驚きです。興味のないオジサンの前で“元カレ” “恋人なし”発言をしたらダメ! 「それってもしかして……」と妙な期待をさせてしまうだけですよ。

 

包容力があってオトナの雰囲気が魅力的な年上男性はいいですが、まったく興味のないオジサンに好かれたら面倒なだけ……。

あなたも一度勘違いさせると粘着質なオジサンに「俺に惚れたな?」と思わせてしまうかもしれないので、くれぐれもご注意を!

【取材協力】

※ 30~40代男性

【画像】

※ Diana Grytsku/shutterstock

大学在学中からフリーライターとして活動中。現在は、恋愛コラムやエステティック会員誌、新聞広告記事などを執筆中。20〜30代男女のリアルな声を取り入れた恋愛記事は、恋する乙女必見。
Recommend
検索窓を閉じる