オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 北村匠海&小関裕太&磯村勇斗&杉野遥亮との関係性を稲葉友が赤裸々に告…

北村匠海&小関裕太&磯村勇斗&杉野遥亮との関係性を稲葉友が赤裸々に告白「#教えて稲葉くん」【もぐもぐ男子#5】

NOSHがお届けする『もぐもぐ男子』は、「イケメンが食べている姿を見たい……!」という声から生まれた企画。

いま最も旬な俳優さんたちに、“気になっているお店”で、おいしいお料理を食べつつ、お仕事やプライベートについて、心ゆくまで語っていただきます。

第3弾のゲストは、俳優として、またラジオパーソナリティーとして、様々な顔で楽しませてくれる稲葉友さんが登場、全6回に渡ってお届けします。

あっという間に残り2回となった第5回では、NOSH公式Twitterで募った「#教えて稲葉くん」にお答えいただきました。

Q:「#教えて稲葉くん」では、NOSH公式Twitterで募った質問に答えていただきたく、お願いします。

稲葉友(以下、稲葉):(永嶋)柊吾から質問きていましたよね!?

Q:では、リクエストにお答えして、稲葉さんのご友人・永嶋さんの質問からいきましょう。「もうすぐ、仲良し?の永嶋柊吾くんの誕生日ですが、今年は稲葉くん、柊吾くんの誕生日なにをしてあげるんでしょうか。ちょこっとだけでいいので教えてほしいです!」。

稲葉:別に何をしてあげるとか、毎年ないんです(笑)。去年たまたまクリスマスとか誕生日とか、恋人が一緒に過ごしそうなイベントごとをやつと過ごしていただけで。車でラーメンを食いに行って、洗車する道具を買って、一緒に洗車したのが去年でした。計画とかではなく、とりあえず当日にLINEします。

Q:ちなみに、本日(※6月11日)は間宮祥太朗さんの誕生日です。お祝いはしますか?

稲葉:祥太朗の誕生日なんです、そうなんですよ。3人で仲が良くて、あいつらの誕生日が続いているから、この時期になると「もうこんな時期か!」とすごく思います。別に決めごとはないので、祝ってくれる人が祝ってあげればいいと思う!

Q:稲葉さんはあまり祝われたくないタイプと、以前おっしゃっていましたよね。

稲葉:でも、今年は大好きな人たち(舞台『すべての四月のために』の人たち)が集まってくれて、うれしかったです。当日ラジオの放送(『ALL GOOD FRIDAY』)があって、LiLiCoさんも、ジョン・カビラさんも祝ってくださって、1日中誕生日を感じていました。うれしいんだな、と素直に思いました。

Q:では、次。「稲葉くんの、ここぞ!というときの勝負めしはなんですか?」。

稲葉:絶対に「これ」というのは決めていないです。食べたほうがいいときと、食べないほうがいいときがあるじゃないですか?割と感覚で調整するタイプです。

Q:次、「稲葉くんの言葉の選び方がとても好きです!座右の銘や好きな言葉はありますか?」。

稲葉:「悲観的に準備して、楽観的に行動する」という伊丹十三さんの言葉(※佐々淳行さんの言葉など諸説ある)です。硬い言葉ですが、ポジティブにやれるようにするためには、それだけの準備が必要、と捉えています。性に合っているので、その言葉は大事にしています。

Q:放っておいたら考えすぎてしまいそうなタイプに映ります。

稲葉:イメージじゃないですかね?皆、考えているんじゃないですか?僕、人並みだと思います。割と内に入りがちなイメージを持たれがちですが、何も考えていないときは考えていません(笑)。抜くところは抜いて、考えるところは少なくとも自分が腹に落ちるところまでは考えながらやっています。

Q:続いて。「今年の夏は平成最後の夏ですが、稲葉さんは何をしたいですか?」。

稲葉:あまりそういう感覚がないんですよね……。昨日、親父に「昭和が終わったとき、どんな感じだった?」と聞いたら「別に何も」と言っていたんです。「親父も(同じ)だ」と思って。最近、皆が「平成最後」と言うから「そうですねえ……」と思うんですけど、あまり最後にかこつけて何かをしようと思うタイプではないです。「高校生活最後」とかなら、わかるんですけどね。

Q:夏はフェスに行くとか、ご予定はありますか?

稲葉:行ったことないんですよ。でも今年はなるべく行けるライブは全部行こうと思っています。演劇ももちろん行くんですけど、ライブに比重を置いてみようかな、と。夏はライブが多いですし、ひとつのところに行けば、いろいろな人が見られるのがいいですよね。

Q:次から、映画『春待つ僕ら』関連です。

稲葉:きましたね!

Q:「“春待つ僕ら”クランクアップでいただいていたネギ束をどう調理して召し上がったのか、ずっと気になっています!」。

稲葉:刻んで納豆に混ぜていただきました!!

Q:「“春待つ僕ら”キャストで結婚相手、恋人、愛人、兄弟、友人で選ぶなら?理由も」。

稲葉:ん、1個多くないですか?

Q:あ、本当ですね。では友人はなしでお願いします。

稲葉:ていうかさ、何でそんなこと聞くの(笑)?

Q:と言いながら、幸せそうに微笑まれています。関係性を想像できる気がするので、答えてください。

稲葉:えっとー……結婚相手が磯村(勇斗)、恋人が……。いや、むずい!! 結婚相手もむずいんですけどね!!

Q:しかし、磯村さんという答えは早かったです。

稲葉:磯村は友人か結婚相手ですね。同じ年で、この中では一番上だったんです。本当に気兼ねない人だから。でもね、皆、本当に兄弟みたいなところがあるんですよ。うーん、恋人かあ……。

Q:予想ですが、北村匠海さんが恋人では?

稲葉:匠ちゃんは恋人じゃないっすね。あんな恋人、嫌ですね。匠ちゃんはね、かわいいんですけどね……面倒くさそう(笑)。恋人、(小関)裕太かなあ!? でも、感覚がわからないんですよ!杉野(遥亮)は……ああ、むっずい。……匠海と結婚すればいいのかな?

Q:リアルなトーンです。

稲葉:ちょっと待ってくださいね。やっぱり愛人が磯村、兄弟が遥亮、恋人が小関、結婚が匠海で!でも、これはちょっと物議ですよ。(取材、文:赤山恭子、写真:You Ishii)

この理由は次のインタビューで明らかに!  最終回に続きます!

【関連記事】

【プロフィール】

稲葉 友(いなば ゆう)

1993年1月12日生まれ。

7月14日公開の映画『私の人生なのに』に出演。J-WAVE『ALL GOOD FRIDAY』(毎週金曜11:30~16:00生放送)にてパーソナリティーとして出演中。冬には映画『春待つ僕ら』の公開が控える。

http://www.lespros.co.jp/talent/artists/yu_inaba/

【お店情報】

※ シバフ (sibafu)

住所:東京都目黒区下目黒1-7-5 バーナードハウス 1F

電話:03-6321-6315

営業時間:17:00~24:00

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる