オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > Love > 恋愛 > 【まったく欲情しない…】男子が実はドン引きしている女子の下着

【まったく欲情しない…】男子が実はドン引きしている女子の下着

好きな人の前では、少しでも“イイ女”でいたいと思うもの。ファッションやヘアスタイル、いざというときに備えた“下着”にまで気を配っている女性は多いのではないでしょうか?

出典:https://www.shutterstock.com

でも、気合の入れすぎには要注意……! 今回はアラサー男子に聞いた“ドン引きしてしまった女性の下着”を、早速チェックしてみましょう。

 

■勝負編

「清楚な感じの子だったのに、脱がせてビックリ!真っ赤な紐パンに、スケスケのブラを目の当たりにして、思わず顔が引きつってしまった。」(28歳/IT)

「お泊りデートだから気合が入るのは分かるけど、ぶっちゃけいつも通りがいい。」(31歳/公務員)

男性が求めているのは、“清楚だけどちょっぴり刺激的な下着”。たとえば、控えめなカラーに透け感のあるレースをあしらったデザインなどが好まれやすいようです。

ちなみに、色やデザインによっては、紐パンやTバックもアリだという意見も……! 迷った時は、彼の好みを聞いてみるといいかもしれませんね。

 

■ズボラ編

「女性も付き合ってしばらくすると、気が抜けるものなのかな。この前、彼女の下着のレースが破れていてガッカリした。」(33歳/商社)

「毎回同じ下着じゃ楽しみがない。欲をいえば、脱がせるたびに違う下着でドキドキさせてほしい。」(30歳/メーカー)

ここ数ヵ月、おニューの下着を購入していない女性は要注意! 彼に「またそれ?」とゲンナリされているかもしれませんよ。

ボロボロの下着や、上下バラバラの下着に引いてしまう男性もいるようです。定期的に下着を入れ替えて、目新しい刺激を与えることが男心をぐっと掴むポイント。

 

■おばさん/チャラ子編

「デザインよりも機能を重視し始めたら終わりだよね。洋服に透けないようにベージュを選ぶとか、ラインが出ないようにシームレスなパンティを選ぶとか。正直まったく欲情しない。」(32歳/金融)

「ツヤツヤしたシルク素材の下着とか、暗いところでもはっきり分かるような蛍光色って、どうしても遊び慣れている感じがしてしまうのは俺だけじゃないと思う。」(36歳/流通)

男性にとって、“ベージュの下着や飾り気のないシンプルなショーツ=おばさん”のイメージ。脱がせた瞬間に萎えてしまうほどガッカリすると言います。

ただし、“ツヤツヤのシルク素材”や“ネオンカラー”も遊び慣れたイメージを与えてしまうので、男性によってはNG。下着選びには細心の注意が必要です。

 

いかがでしたか? 思わぬところに落とし穴がある“ドン引き下着”。今回ご紹介したポイントを参考に、彼のハートを鷲掴みにしてみてくださいね。

【取材協力】

※ 20〜30代独身男性

【画像】

※ Marco Menne/shutterstock

【関連記事】

※ セクシーなのに…男が「彼女の下着」にドン引きする瞬間

※ 【マジでたまんねぇっす!】男子をもれなく興奮させるモテ下着

※ 汗じみ、ブラひも…「夏の下着問題」はユニクロで解決!

大学在学中からフリーライターとして活動中。現在は、恋愛コラムやエステティック会員誌、新聞広告記事などを執筆中。20〜30代男女のリアルな声を取り入れた恋愛記事は、恋する乙女必見。
Recommend
検索窓を閉じる