オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 斎藤工、ショートフィルムをアツく語る「そもそも“これを伝えたい”とい…

斎藤工、ショートフィルムをアツく語る「そもそも“これを伝えたい”というものがない」

斎藤工さんが、21日、iTSCOM STUDIO & HALL 二子玉川ライズにて開催された『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2018“チーム万力presentsショートフィルムの未来地図”』に出席。

金子ノブアキさんらとショートフィルムについて語り合いました。

『チーム万力』とは、斎藤さん、金子さん、ピン芸人の永野さんに映像ディレクターの清水康彦さんを加えたプロジェクトチームのこと。同イベントでは、彼らが完全自主制作したショートフィルム3作品を初披露しました。

『LOHAS』、『宮本』、『ZERO』の3作品を上映後、それぞれの作品の裏話を振り返る中で、出演者の斉藤さんは「そもそも“これを伝えたい”というものがない」と言い、会場は大笑い。

ショートフィルムのあり方についても「(最近の映画は)答え合わせの作品が多すぎて……それはそれでいいと思うのですが、お客さんに提示するレシピがあると、それが強調されすぎる」とコメント。

近年の映画業界の傾向について語り、永野さんもその考えに同調しました。

また、金子さんもショートフィルムは「答えがなくて理由だけでいいもの。テキーラのショットみたいな」と例えます。

清水監督が、近年、海外の有名映画監督がショートフィルムを制作することが増えたことに触れると、斉藤さんは「お客さんが2時間のもの(作品)に耐えられなくなっている」と分析。

金子さんが「すっげーわかる。情報のスピードが増しているから、足が速くなっている」と語りました。

なお最後には、同チームによるオリジナル長編映画『万力』が2019年に公開されることを発表。チーム名の由来も映画『万力』を製作する仲間のため“チーム万力”と名付けたとのことで、斉藤さんは「ちょっと“万力家族”にしようか迷ったんですけどね」とボケて会場を笑わせました。

ちなみに、同映画のタイトルは永野さんが2016年に『東京ガールズコレクション』に出演したことがきっかけだそう。

「モデルの人は体型が綺麗なのに、小顔プリントシールがあったり、控室で施術をしたり……“まだ小顔にするんかい”みたいな」と回顧。

続けて「だったらアイツら万力で(顔を)締め上げればいいじゃん」と斉藤さんらに違和感をこぼしたところ、その考えに皆が同調し、映像で表現することになったのだとか。

同映画のプロデュース・主演を斎藤さん、原案・脚本は永野さんが書き下ろすとのことです。

続報をお楽しみに!

浜瀬 将樹
エンタメライター
バイク雑誌編集者を経てフリーに。芸能関係の仕事をしていた経験を生かし、テレビや映画の取材・インタビューを担当する。得意ジャンルはお笑い。劇場にも足を運び、情報収集を欠かさず行っている。
Recommend
検索窓を閉じる