オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > ボイメン田村侑久、舞台挨拶で相変わらずのタムタムワールド

ボイメン田村侑久、舞台挨拶で相変わらずのタムタムワールド

BOYS AND MEN一の気遣い男・田村侑久さんが、相変わらずのタムタムワールドを炸裂させました!

それは23日に都内で行われた、餃子で有名な栃木県・宇都宮市を舞台にしたラブコメ映画『キスできる餃子』公開記念舞台挨拶でのこと。主演の足立梨花さん、共演の田村侑久さん、佐野ひなこさん、秦建日子監督が参加しました。

宇都宮を舞台に、バツイチ子持ちの出戻りシングルマザー(足立さん)が、実家の餃子屋の再建に奮闘しながらも、イケメンゴルファー(田村さん)に恋するラブコメディ。

声援カモーン!とばかりに会場のファンをあおりながら登壇した田村さんは、ファンが手作りした田村さんと足立さんの顔写真入りの「キス餃子半端ないって」プラカードを見つけると「半端ないって!」と言いながらステージを降りてプラカードを持ってくるというアクティブさ。さらに「足立」コールや「佐野」コールを観客にハイテンションでおねだりして一人で空回りするなど、冒頭からボルテージはMAXのようでした。

トップギアで走り続ける田村さんに足立さんと佐野さんはどうしていいのかタジタジで「一人で怪我するのはいいけれど、私たちを巻き込まないで!」(足立)と訴えるなど、タムタムワールドに完全に巻き込まれていました。

そんな田村さんは、足立さんが恋するイケメンゴルファーという役どころですが……田村さんは「監督からの直々のオファーだったのに、マネジャーからは“イケメン役だから事務所的にはストップしている。イケメン役だから田村じゃないと思う”と言われた」と衝撃的暴露。

しかも事務所側は同メンバーの勇翔さんを勝手に推薦したそうで「事務所的にはイケメンが行かないといけないから勇翔を推薦したと言われて、2人で監督のもとへ顔合わせに行きました。あと一歩ミスっていたらここには立っていない」と驚きの顛末を明かしました。

知られざる内幕に足立さんは「え~!」と驚きながらも「勇翔の方がよかった~。元旦那役で映画には出ているけれど、そっちの方がイケメンだから!」と一刀両断で、田村さんをギャフンと言わせていました。

さらに「普段の自分は元気いっぱいで明るいので、イケメン役という事でまずはテンションを抑えるところから始めた」という田村さんに、足立さんは「その反動で撮影の休憩中は凄くうるさかった。一人でずっと喋られていて、それも結構大きな声で。やばかった」と会心の一撃。

一方、田村さんとほとんど共演シーンがなかったという佐野さんは「ちょっとしか共演していないけれど、今日とかも凄い。親友か?ってくらい距離が近い。コミュニケーション能力が高くて驚いています」とタムニケーションに目を丸くしていました。

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる