オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > DISH//圧巻のライブパフォーマンスを披露、北村匠海も叫ぶ「“ジャ…

DISH//圧巻のライブパフォーマンスを披露、北村匠海も叫ぶ「“ジャンプ”さいこおおお!」

ダンスロックバンドのDISH//が、7日、横浜アリーナにて開催された『JUMP MUSIC FESTA』に登場、大歓声の中、全7曲を披露しました。

☆前編はこちら

『JUMP MUSIC FESTA』は、音で作る『週刊少年ジャンプ50周年記念特別号』をコンセプトに、ジャンプにゆかりのあるアーティストが出演する「ジャンプ×音楽」の融合イベント!

7日はDISH//のほか、KANA-BOON、氣志團、サカナクションらが、8日には欅坂46、SPYAIR、FLOW、Little Glee Monsterなど旬のアーティストが『ジャンプ』愛を胸にライブを繰り広げます。

『JUMPer』、『FLAME』、『桃源郷エイリアン』、『猫』と披露してきたDISH//、5曲目には『NARUTO -ナルト- 疾風伝』のエンディングテーマ『I Can Hear』をパフォーマンス。

「ダンスロックバンド」の名にふさわしく、北村さん、矢部昌暉さん、橘柊生さんが歌って&踊っての様相で観客を盛り上げます。

続く6曲目『横浜VIBRATION』では、観客を促し、サイリウムを振ったり、タオルを回したリと、思い思いの盛り上げ方でボルテージはMAXに。

そこで、今回のライブでは披露しませんでしたが、7月11日発売予定の新曲『Starting Over』のジャケットを橘さんが見せて、お茶目にアピールする場面も見られました。

いよいよ終わりが近づいてきた頃、一息ついた北村さんが、「僕たちのデビュー曲は、“I Can Hear”、そして“FLAME”でまた“NARUTO”に関わって、最近では“銀魂”でもオープニングで関わらせていただいて、僕らDISH//の活動は“ジャンプ”から始まったと言っても過言ではないと思っています」と熱い思いを打ち明けます。

「DISH//というグループをメジャーデビューから支えてくれている、本当に感謝しています。呼んでいただいてありがとうございます!」と大きな声で感謝を伝えた北村さん。

さらに、北村さんは「ジャンプが50周年……すごいことです!僕の親父と年、近いです(笑)。僕らは7年目なんですけど、若手でもっともっと頑張っていくので、邁進していきたいと思います。今日は本当にありがとう!“ジャンプ”最高!!“ジャンプ”さいこおおおお!!!」と声の限りに叫び、最後、『銀魂 銀ノ魂篇』オープニングテーマの『勝手にMY SOUL』を披露し、大盛り上がりの中、完璧なクライマックスを迎えていました。

Recommend
検索窓を閉じる