オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 吉川晃司、長セリフ頑張った上地雄輔を売込み営業!?

吉川晃司、長セリフ頑張った上地雄輔を売込み営業!?

“シンバルキック!”でお馴染みの吉川晃司さんが、上地雄輔さんを猛烈売込み営業中です!

それは9日に都内で行われたWOWOW『連続ドラマW 黒書院の六兵衛』(7月22日夜10:00スタート)第一話完成披露試写会でのこと。主演の吉川晃司さんと共演の上地雄輔さんが参加しました。

江戸城不戦開城の史実をベースに、時代の波に取り残されそうになりながらも、自らの信義を通し一切口を利かぬまま江戸城内に居座り続ける将軍直属の御書院番士・的矢六兵衛(吉川さん)と、官軍側についた尾張藩から遣わされ六兵衛排除の任を負ってしまった下級藩士・加倉井隼人(上地さん)との交情を描きます。

台詞のほとんどない役どころに挑んだ吉川さんは、代わりに長セリフだらけの上地さんを「彼はセリフが二人分ですから、ほとんど落語家か一人禅問答みたいで大変だったと思いますね」と労いつつ「このドラマをきっかけに、長いセリフのあるドラマの仕事が来るはず。民放のみなさん、宜しくお願いいたします。大丈夫だぞ~」と脅し交じりの売込み大作戦。

上地さんは「脳みそはあまりないけれど、頑張りました。セリフはもう多めどころじゃない。台本の自分のセリフ部分をマーカーで印をつけるのさえ意味がないと思ってやめました」と苦労を明かし「背中で演じてくれた吉川さんが、OKの時はスッと親指を上げてくれて“良かったぞ”と。それをもらうたびに頑張れた」と吉川さんの気遣いに感謝していました。

しかし吉川さんは「また間違いやがった!帰るのが遅くなるじゃねえか!と思っていた」と毒舌で、上地さんを「え?そんな風に思っていたの!?」とタジタジに。さらに吉川さんは「(上地さんとの仲は)この共演から始まり、これで最後です」と仲がいいのにいきなりの決別宣言で、さすがの上地さんも「もう漫才じゃないんだから!」と爆笑しつつのツッコミでした。

【関連記事】

石井隼人
エンタメライター
イベント取材やインタビュー取材に汗水たらすと同時に、映画系オフィシャルライター&カメラマンとしても暗躍する単なる映画マニア。得意分野はホラーとエログロ。LiLiCoさんから「エロ石井」と命名される。
Recommend
検索窓を閉じる