オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > こんな人は要注意!“ワンナイトラブ”しか考えていないときの男の行動

こんな人は要注意!“ワンナイトラブ”しか考えていないときの男の行動

「この人は大丈夫」と思い体を許しても、ワンナイトラブで終わってしまうことありますよね。

お互いの意思なら問題ないかもしれませんが、「付き合いたい」と思っているなら、ワンナイトラブ目的の男性は避けなくてはいけません。

そこで今回は、ワンナイトラブしか考えていないときの男性の行動をご紹介。

こんな行動を取る男性は……ワンナイトしか考えていないかも!?

 

■公共を避け密室に誘う

基本的に、ワンナイトラブしか考えていない男性も、そうでない男性も、女性に対する行動に変わりはありません。

ただ、ワンナイトラブしか考えてない男性はそうでない男性と比べると、公共の場を避けて“密室空間に誘いたがる”傾向にあるようです。

ワンナイトラブ目的の男性の最終目標はホテルですが、出会ってすぐにホテルに誘ってもOKされるとは考えてはいません。

相手にもよりますが、ワンクッション置いてから順当に誘うか、密室でその気にさせてから誘うのが手口です。もし断っても、カラオケや完全個室の飲食店に誘いたがる男性がいたら、それはワンナイトラブしか考えていないからかも。

ワンナイトを狙ってなくても誘うものですが、“執拗”に誘うようなら、ワンナイト目的かもしれないので注意して下さいね。

 

■口説きが早い

ワンナイトラブを狙っている男性はその日に勝負をかけるため、“口説くのが早い”傾向にあるようです。

“次”なんてことは毛頭考えていないため、口説くのが早くなるのは当然なのですが、ナンパでも合コンでも口説きが早い男性には注意ですよ。

また、口説くだけではなく甘えたりかっこつけたりして、すぐに男女の関係になろうとするのも特徴。

まるで恋人にしか見せない姿を見せることで、一気に関係を深めようとしている腹なので、そういった態度の男性には注意した方がいいかもしれませんよ。

 

■個人情報を与えない

ワンナイトラブ目的の男性は、職場や家などの“個人情報を教えない”ようにしているようです。

ワンナイトラブしか考えていない男性は、後腐れのないようにしたいでしょうし、つきまとわれたくないと考えるため、個人を特定できる情報を教えたくないのでしょう。

個人を特定できるような情報を教えなければ素人では探しようがないため、職場や家などの情報は教えてくれない男性は、ワンナイトラブしか考えていない男性かもしれませんよ。

また、SNSからバレるのを恐れ、偽名を使う人もいますし、ウソの情報を与える人もいます。

連絡先を教えてもらってもブロックや着信拒否はすぐにできるため、ワンナイトラブを狙っているのか否かを判断するなら、教えて貰った情報を元にネット検索してみるといいかもしれませんね。

 

ワンナイトラブしか考えていない男性も、そうでない男性も、どちらも女性を落とすことを考えているため明確な違いはありません。

見極めは難しいかもしれませんが、男性を見極める際の参考にして下さいね。

【画像】

※ Dmitry Sheremeta/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる