オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 横浜流星、中川大志らと「虹色デイズ」撮影中の思い出を回顧

横浜流星、中川大志らと「虹色デイズ」撮影中の思い出を回顧

人気俳優の横浜流星さんが、16日、東京・有楽町丸の内ピカデリー1にて開催された映画『虹色デイズ』“虹の日”舞台挨拶に登壇。メンバーの皆さんと撮影中の思い出を振り返りました。

本作で横浜さんはいつもニコニコ、じつはドSな片倉恵一役を演じています。ほか、ピュアで元気な愛されキャラの羽柴夏樹をGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於さんが、チャラくて女好きなモテ男の松永智也を中川大志さんが、秀才で超マイペースなオタクの直江剛を高杉真宙さんが熱演しています。イベントには、主演の4人のほか、飯塚健監督も出席しました。

横浜さんは挨拶で「全員で集まってトークをするのは最後なので楽しんでいきたいなと思いますし、皆さんにも満足していただけるように頑張ります」と挨拶します。

同映画の公式Twitterで質問を募り、メンバーが答えるコーナーでは「目立たないけど注目してほしい場面は?」とのクエスチョンが4人に向けられます。中川さんが「屋上でのカップ麺のシーン」と言うと、高杉さんらも同調します。他のメンバーがラーメンなどの汁物に対して横浜さんが焼きそばだったとのこと。

中川さんが「湯切りしてフタについたかやくを指でパンパン(弾く)するのを監督とリハでやっていて、それが面白かった」と述懐。そのシーンについて監督は「最初は普通に食べていたもんね」と語りかけ「“俺はキャベツ落とすんだ”とか話していて」と回顧。横浜さんは「そういう研究を日夜やっていましたね」と付け加えました。

続いて「芸能界に入っていなかったらどんな仕事をしていたと思いますか?」との質問には「大工か格闘家」と答えた横浜さん。大工は父親と同じ職業とのことで、格闘家は幼い頃から空手をやっていたためだとか。じつは、現在第一線で活躍している格闘家の選手と一緒に練習をしていたそうで「僕もなっていたのかなぁと思います」と予想しました。

また、監督からのサプライズで、メンバーに手紙を読む一幕がありました。優しさ溢れる監督の言葉にメンバーはジッと聞きいります。

横浜さんに対しては「あなたと出会ったのは5年前。当時あなたが“今後俳優としてやっていくかまだ分かりません”と言っていたのを覚えています」と回顧。続けて「本当はあの時点ですでに流星の腹積もりは定まっていたんじゃないかな」と語りかけました。

最後には、一緒にプロモーションを駆け抜けてきた監督から卒業証書の授与。固い握手をかわしていました。

映画『虹色デイズ』は全国ロードショー中です!

浜瀬 将樹
エンタメライター
バイク雑誌編集者を経てフリーに。芸能関係の仕事をしていた経験を生かし、テレビや映画の取材・インタビューを担当する。得意ジャンルはお笑い。劇場にも足を運び、情報収集を欠かさず行っている。
Recommend
検索窓を閉じる