オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【血液型別】悲劇のヒロイン傾向…AB型は女優になりきる?

【血液型別】悲劇のヒロイン傾向…AB型は女優になりきる?

女子は皆、どこかで“女優”である存在だと言えます。自分に酔いしれて悲劇のヒロインになれるからこそ、男子の心を惹きつけてやまないのかもしれません。

でも、それが行き過ぎると、周囲からあきれた目で見られてしまうことも。そこで今回は、血液型別に“悲劇のヒロイン傾向”をご紹介いたします。

 

■A型の人は…自分で身動きが取れなくなる悲劇のヒロイン

A型のあなたは、基本的には正直でウソをつくことも少ないタイプ。しかし、いったんウソをついてしまうと、周囲にバレバレなウソでも、一途に貫き通そうとするでしょう。

そうしているうちにウソで固められて身動きができなくなり、いつの間にか“悲劇のヒロイン”状態に。こうなるとヤケクソ状態になってしまい、追求すると逆ギレしてしまうところが。

初めの段階で、「バレちゃった?ゴメンね」と言える素直さを持つといいかもしれません。

 

■B型の人は…下手なウソ泣きで滑稽な悲劇のヒロイン

B型のあなたは、その場限りのウソをつくタイプ。しかし、ウソを考えるのが苦手なので、バレバレなウソ泣きでも“悲劇のヒロイン”として冷めた目で見守ってもらえる、ある意味ラッキーなところも。

しかし、自分でそれをわかっていてキャラ付けできるなら可愛いのですが、「ウソを突き通せている!」と思い込んでしまうと、滑稽な結果に。みんなの優しさに感謝しつつ、謙虚さを意識してみて。

 

■O型の人は…ポリシーを曲げずに煙たがられる悲劇のヒロイン

O型のあなたは、人から聞いたり教えたりする情報にウソがあってはいけないと考えるタイプ。とても真っ直ぐで誠実なあなたですが、やや固すぎる部分が。ウソをついたほうがうまくいく時でも、決してポリシーを曲げないため、逆に周囲に煙たがられる“悲劇のヒロイン”になってしまう場合も。

もう少し柔軟性を持ち、“優しいウソ”をつけるようになっておくのもいいかも。そうすることで、あなたは魅力的なヒロインになれるでしょう。

 

■AB型の人は…女優のようにウソをつける悲劇のヒロイン

知的好奇心が旺盛で、場の空気を読む能力に長けているAB型のあなた。ウソをつくとしても、相手を傷つけない程度にうまくつき、世の中を渡っていけるでしょう。

相手と場所を選んでウソを繰り出す姿は、まるで女優のよう。時として、ウソも本当にしていけるだけの調整力を持っているので、意外と周囲からは本当の“悲劇のヒロイン”だと思われてしまうことも。

ある意味、自分に酔ってしまえるタイプと言えるでしょう。ただ、ウソをついている感覚をなくしてしまわないよう気をつけて。

 

心理学においては“悲劇のヒロイン症候群”というフレーズがあるそうです。

この特徴として最も大きいのは、自分が不幸という事を周囲にアピールし、それによって同情を引きたがるという点でしょう。確かに同情を受ける事によって心が安定する面もあるかもしれません。

しかし、大げさに見せるためにウソを重ねていかなければならなくなることもあるため、そのウソに縛られて、逆に不安になってしまうこともあります。悲劇のヒロインを演じるのは、ほどほどにしておくのがいいのかも。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ Borysevych.com/shutterstock

【関連記事】

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる