オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > ゲンナリしちゃう…恋愛が「長続きしない女子」が言いがちなこと

ゲンナリしちゃう…恋愛が「長続きしない女子」が言いがちなこと

恋人はできるものの、いつもなかなか恋愛を長続きさせることができないという悩みを抱える女性もいるでしょう。

実は、そういう女性は、自分でも気づかないうちに、彼氏を嫌な気持ちにさせるようなことを言ってしまっている可能性があります。

そこで今回は、恋愛が“長続きしない女子”の言いがちなことを紹介します。

 

■「なんで返信してくれないの?」

彼氏からLINEの返信が送られてこないと、心配になったり不安になったり、浮気などを疑う気持ちが出てきたりしますよね。だからこそ、「なんで返信してくれないの?」なんて、思わず彼氏を責めてしまうこともあるでしょう。

でも、彼氏からすると、これはかなり鬱陶しい行為。仕事で忙しかったり、手が離せない状況にいたりする可能性だって高いので、そういうことをちゃんと理解してくれない彼女とは、一緒にいるのも難しくなってくるはずです。

「返信がないから心配したよ」という言い方にするだけで、与える印象は大きく変わってきますよ。

 

■「私のこと好き?」

男性はあまり愛情表現をしない人が多いので、彼氏が自分のことをどう思っているのかは、女性は気になるところでもあるはず。「私のこと好き?」と聞くのは、愛情の確認や不安の解消という思いでもあるのでしょう。

でも、あまりにも何度も聞かれると、そのしつこさに彼氏はゲンナリしてしまうだけ。さらに、「私のどこが好き?」などとも聞くようになると、答えにも困りますし、窮屈さも感じるようになるので、彼氏のあなたへの思いが冷めていく危険性もあります。

 

■「どうせ私なんて」

“どうせ私なんて”とか“私なんか”などと、悲観的な言葉を多く発する彼女と付き合うと、自分までどんどん暗い気持ちになっていくもの。それでは一緒にいても全く楽しくないですし、魅力も一切感じられなくなっていくでしょう。

自分にあまり自信がなかったり、自分への評価が低かったりする女性は、口癖のようにネガティブなセリフを吐いてしまいがち。無理にポジティブな発言をする必要はないですが、悲観的な発言が多すぎると、彼氏からは付き合っていくのが面倒にも思われかねないですよ。

 

■「別れた方がいいかもね」

ケンカをしたときには、カッとなって頭に血がのぼり、ちょっと過激な発言をしがち。「もう私たち、別れた方がいいのかもね」などと、本気でそんなことを思ってはいないのに、ついつい口走ってしまったりもするかもしれません。

でも、やはり“別れる”という単語は、不用意に発するべきではありません。そういう言葉が出てくるということは、「別れを常に意識しているのかな?」なんて誤解をされる危険性も高いです。自ら“別れ”を連想させるような言動を取ると、“長続きする恋愛”にはしにくくなるはずですよ。

 

何気なく発したひと言によって、彼氏の気持ちが冷めていってしまうことだってあり得ます。いつまでも長続きするような恋愛をするためには、自分の思いばかりをぶつけるような発言には特に注意が必要でしょう。

【画像】

※ Stock-Studio/shutterstock

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる