オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 気軽な気持ちで…気になる男性に「久しぶりにLINEをするとき」のコツ

気軽な気持ちで…気になる男性に「久しぶりにLINEをするとき」のコツ

ja/image-photo/young-blonde-girl-tshirt-denim-shorts-408005983?src=CEko_h7sheT29dU-Ty0Isw-2-43

久しぶりにLINEを送るときは、どういった内容にすればいいのか、ちょっと悩んだりもしますよね。

しかも、相手の男性のことが気になっているのなら、なおさら送りにくさを感じたりもするでしょう。

そこで今回は、気になる男性に“久しぶりにLINEをするとき”のコツを紹介します。

 

■「久しぶり」と軽い感じで送る

気になる男性に久しぶりにLINEを送るときは、色々と考えてしまったり、思わず身構えちゃったりもするでしょう。でも、それで堅苦しいメッセージや重々しい文面を送ったりすると、受け取る男性はちょっと引いてしまうかも。

変に考え込まずに、まずは「久しぶりだね」と軽い感じで入った方が、男性も気軽に会話ができるはずです。ちょっと時間が空いてしまっても、いつでも気さくに話せる印象を持ってもらうと、話しやすい女性だと感じてもらえるものですよ。

 

■何でもいいので「用事」を作る

男性はLINEをコミュニケーションツールというよりも、連絡ツールとして考えている人が多いです。なので、特に用事もないのにLINEでダラダラと長話をされると、「結局、何が言いたいんだよ」とイライラしたりもするもの。

逆に言うと、用事があるのであれば、久しぶりのLINEであっても違和感もあまりなく会話ができるはず。伝えたいこと、教えてほしいこと、お願いごとなど、何でもいいのでちゃんと用事を作ってから話しかければ、苦痛に感じられたりする可能性も低くなることでしょう。

 

■「誕生日」のお祝いをする

LINEをしない期間が長くなると、どのタイミングで話しかければいいのかがちょっとわからなくなるでしょう。そういった場合は、男性の誕生日のお祝いメッセージを送ったりすると、久しぶりのLINEでもぎくしゃくしたりはしないはず。

自分の誕生日を覚えてくれていて、お祝いの言葉を送ってもらえたら、単純に男性はうれしいものです。誕生日以外でも、何かお祝いごとだったり、褒めたりするようなメッセージであれば、久しぶりであってもちゃんと好印象を残せますよ。

 

■「相談」を持ちかける

男性は女性からは頼りにされたいし、色々と教えてあげたいと思っていたりもするもの。なので、相談をもちかけたりして頼ってあげると、久しぶりのLINEでもすんなりと会話を進めていけることでしょう。

ただ、あまりにも重苦しい相談になると、男性も対処に困ってしまうので、仕事の悩みだったり、男性の得意分野での相談にすると、親身になって答えてもくれるはずです。

相談は一気に距離を縮める作用もあったりするので、気になる男性との関係性を進展させるのにも持ってこいかも。

 

久しぶりだからといって、変に気を遣いすぎたり堅苦しくなったりせずに、気軽な気持ちでLINEを送ることは大事かも。ずっと送らないままで距離がどんどん開いてしまうよりも、気になる男性とはちゃんと適度に連絡を取っておいた方がいいでしょう。

【画像】

※ sergey causelove/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる