オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > まったくもう…!既婚女性が「結婚を後悔した」夫のろくでなしLINE

まったくもう…!既婚女性が「結婚を後悔した」夫のろくでなしLINE

結婚は人生の墓場なんて言い方がされます。でも、独身者にとって結婚は幸せなもの、というイメージが強いですね。結婚が幸せではなく、いい相手と結婚し、幸せを作っていくことが幸せな結婚になるのでしょう。

そのため、「結婚するなら、いい相手を選ばなきゃ」とはよく言ったもの。でないと、結婚したところで後悔してしまうかもしれません。

今回は、既婚女性が結婚を後悔した夫からの“ろくでなしLINE”をご紹介します。

 

■私との約束は!?

「“今晩○○作りたいから、○○買ってきて”って休みの夫にLINEを送ったら、一向に返事が返ってこず。ようやく夕飯間際になって“ごめん、友達と飲んでた”って。夕飯一緒に食べるって約束だったのに、ころころと予定が変わる夫に、ウンザリしてます。」(27歳/女性/販売)

こうしたことが積み重なると、夫の発言が本当か、信じられなくなってきてしまいそうですね。彼のようなタイプは“○○時までに連絡がないと、夕飯はナシで”と、あらかじめ夫婦の約束事として決めてしまったほうがいいかもしれません。

彼が家事に協力してくれない問題は難しいですが。今晩の材料は難しくても、今週までに補充したい材料なら、頼んでもいいのでは。特にお米や醤油など、重たいものなら買ってきてくれたほうが助かるでしょうし、そのほうが彼も引き受けやすいかもしれません。

 

■連絡をくれない

「結婚しても夫婦の時間は欲しいんですよね。でも、彼ったら結婚した途端、友達や仕事の付き合いを重視して。そりゃあ一緒に暮らしているし、だからいいのかもしれないけど。帰りが遅くなるLINEもしてくれないし、LINEの数も少ないから不安になります。」(28歳/女性/サービス)

釣った魚にエサをやらないタイプなのでしょうか。忙しい彼の場合、好きな人はいつも顔を合わせているし、普段会えない友達や仕事仲間と過ごすことを優先に考えるのかもしれません。もしふたりの時間がもっと欲しい場合は、彼ときちんと相談してみては。

彼からのLINEが少ない、彼とLINEが続かない、そんな場合でも、もっとワガママになっていいのだと思います。夫婦なんですし、彼にもっとしてほしいことをLINEしてみては。既読スルーされても、自分の気持ちをどんどんと伝えましょう。

そうすることで不安もなくなると思いますし、彼もあなたの気持ちがわかって、「もっとこうしてあげなきゃいけないんだ」と、気づくのではないでしょうか。

 

■自分勝手!

「私は逆に、夫が勝手に“今度の週末、○○に行こう”って誘ってくるので。こっちの都合をお構いなしな感じが、ひそかに腹が立っています。かといって断ると、不機嫌になるし、そのことをLINEで伝えても既読スルーで、面倒くさくて。」(28歳/女性/IT)

彼のようなタイプは、もう彼に合わせるしかないと思います。ただ前もって、彼に「○○日は友達と遊ぶから」と、ひと言伝えておけるといいのかも。そうすれば、彼も予定がハッキリして、不機嫌になることもなくなるでしょう。

自分の思い通りに事が進まないと不機嫌になる男性は、付き合っていて大変ですが。扱い方がわかれば、あとは楽ちん。付き合い方の勉強だと思って、彼のことが好きなら、上手に関係を築いていきましょう。

 

結婚して初めて、彼のことがわかることも多いと思います。後悔してしまう瞬間もあるかもしれませんが、後悔よりも幸せを感じられるよう、ふたりで幸せを作っていけるといいですね。

【画像】

※ HBRH/shutterstock

柚木深 つばさ
フリーランスライター
多数の女性向けWeb媒体を中心に記事を連載。読者目線を心掛けながら、男女にまつわる素朴な疑問を解決できるような記事作りをモットーにしている。
Recommend
検索窓を閉じる