オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 竹内涼真、写真集イベントでギャランドゥーを「剃らないで良かった」

竹内涼真、写真集イベントでギャランドゥーを「剃らないで良かった」

竹内涼真さんが、21日、池袋パルコ本館7F・パルコミュージアムで開催された写真集『Ryoma Takeuchi』発売記念イベントに出席。女性ファンが気になる“ギャランドゥー”について語りました。

自身3冊目の写真集となる本作は、カンボジアを舞台に4万枚以上のカットから厳選された一冊。夜の街の雑踏を歩くシーンや一糸まとわぬシャワールームなど、竹内さんの魅力が詰まっており、早くも注目を浴びています。

今回のイベントは、同施設で7月22日からオープンする写真展『unreleased』の会場にて開催。こちらは、本作の未収録カットのみで構成された写真展であり、現場の雰囲気が味わえる動画も展示されています。

竹内さんは、写真集の出来について「最高傑作ができたんじゃないかなと思います」と語ります。ドラマの撮影中だったことを明かし「役を固めている中でカンボジアへ行ったので不安もあったんですけど、すごく集中できました」とアピールします。

全編カンボジアで昼夜問わず4日間の撮影。さらにロケ地は、あえてアンコールワットなどの観光地へは行かなかったという竹内さん。そんな中でも、食事面は楽しめたと言います。ただし「トマトが嫌いなので、コーディネーターさんに“トマトだけは抜いてください”と伝えました」と裏話を語ります。

「今回の写真集に点数をつけてください」とリクエストされると「難しいですね。高い点数つけすぎるとナルシストみたいになっちゃうし」とはにかみます。続けて「結構いいと思うんですよ」と言い、20代で「これ以上の作品は出せないほど自信がある」ことを加味した上で「78点」をつけました。

しかし「本当は98点くらいつけたいんですけど、ただ98点というのはカッコ悪いなと思って」と述べ、報道陣を笑わせます。

また、女性ファンが、竹内さんの“ギャランドゥー”に注目していることを投げかけられた際には「生えて当たり前だと思っているので」と言い、「そこを売りにはしていないんですけど、盛り上がってくださったので、“剃らないで良かったな”って」と明かしました。

ほか、竹内さんは写真展についても言及。未公開だけの写真展ということで「カンボジアの時間を体感していただけるように作りました」とコメント。写真集とは雰囲気が異なることを明かし「さっき(会場を)見たんですけど、すごくいいです」と太鼓判を押しました。

写真集『Ryoma Takeuchi』はマガジンハウスから発売中。写真展『unreleased』は、7月22日(日)~8月6日(月)まで、池袋パルコ本館7F・パルコミュージアムで開催予定です!

【関連記事】

浜瀬 将樹
エンタメライター
バイク雑誌編集者を経てフリーに。芸能関係の仕事をしていた経験を生かし、テレビや映画の取材・インタビューを担当する。得意ジャンルはお笑い。劇場にも足を運び、情報収集を欠かさず行っている。
Recommend
検索窓を閉じる