オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「50問50答」で佐野勇斗の魅力に迫る!街で声をかけられたら、どうす…

「50問50答」で佐野勇斗の魅力に迫る!街で声をかけられたら、どうする?【もぐもぐ男子#2】

NOSHがお届けする『もぐもぐ男子』は、「イケメンが食べている姿を見たい……!」という声から生まれました。

いま最も旬な俳優さん、アーティストさんたちに、“気になっているお店”で、おいしいお料理を食べつつ、お仕事やプライベートについて、心ゆくまで語っていただく企画です。

第6弾のゲストは俳優としてめきめきと頭角を現している一方、ボーカルダンスユニット『M!LK』としても活躍する佐野勇斗さんが登場、全4回にわたって佐野さんの魅力に迫ります!

佐野さんには『板前寿司 赤坂みすじ通り店』でお寿司を頬張ってもらいつつ、引き続き葵わかなさんとW主演を務めた映画『青夏 きみに恋した30日』(以下、『青夏』)のお話のほか、「50問50答」にも答えていただきました!

Q:三重県を中心にオールロケだった『青夏』ですが、空き時間は皆さんで遊びに行ったり、されたんですか?

佐野勇斗(以下、佐野):ずっと三重県にいた僕、(水石)亜飛夢くん、(南出)凌嘉くんの3人で、撮影が終わった後に、地元の海鮮料理屋さんに行ったり、僕の部屋に集まって皆でゲームをやったり、ホテルの温泉に行ったりしていました。結構その3人でいることが多かったです。

Q:3人でいるときは、どんなお話をしているんですか?

佐野:亜飛夢くんは僕の2個上なんですけど、本当にお兄ちゃんみたいな存在で、今でもプライベートでもよく遊んでもらっています。相談にも乗ってもらったり、結構いろいろなお話をしていました。本当にいろいろくだらないこととか(笑)。

Q:ところで、佐野さんは劇中の理緒と吟蔵のもどかしく、切ない両想いのような関係をどう感じていましたか?

佐野:うらやましい。……うらやましい(笑)。

Q:2回「うらやましい」と。

佐野:そんなんないですからね、大人になると。学生だからこそ、(本作のような恋が)できるのかな、と思ったりします。こんな恋は、僕はもうできないだろうから、うらやましいです。自分も高校生に戻ってやり直したい、と思いました。僕は恋愛をちゃんとしてこなかったので、夏休み、夏祭りに一緒に行ったりとかもなかったから。

Q:いわゆるデートみたいなことですよね?

佐野:本当に。ちゃんとしておけば良かったな、と思って、ちょっと後悔しています。

Q:しかし作品で追体験ができるから、そこが俳優さんの楽しさでもありますよね。

佐野:そうですね!確かに、それがいいところですよね。

Q:ありがとうございました。では、ここから「50問50答」をお願いします。その1、身長は?

佐野:178.5センチです。

Q:その2、体重は?

佐野:69キロです。

Q:その3、足のサイズは?

佐野:28.5センチです。

Q:その4、自分の性格で好きなところは?

佐野:ポジティブなところです。昔、先生に「失敗も含め全部人生だから、無駄なことはない」というようなことを言われたんです。だから結構嫌なこと、辛いことがあっても、「これもいい経験なんだな」と思ってやっていたりして。だからポジティブですね。

Q:その5、今日の朝食のメニューは?

佐野:ヨーグルト、バナナ、プリン、野菜ジュース。朝食は日によって違います。

Q:今日はたまたまのメニューですか?

佐野:今日はたまたま、です。朝は時間がなくて食べないときも多いんですけど、今日は朝食べられたので。ちょっと果物が最近不足しているかなと思って、一応気にしてみたりして(笑)。

Q:その6、好きな食べ物は?

佐野:アイス、ハンバーガー、ピザ、さつまいも。今日、さつまいものデザートとアイスを食べられたので、すごくうれしかったです!

Q:クリーンヒットしてよかったです。その7、嫌いな食べ物は?

佐野:香草です。

Q:その8、人生最後の日は何を食べたい?

佐野:好きな食べ物を大量に摂取したいです。アイス、大量に食べたいです。本当にアイスが大好きなので、前は普通に毎日食べているぐらいでした。朝ご飯がアイス、みたいな。体に悪いなと思って今はやめているんですけど。シャーベット系より、クリーム系が好きです。

Q:その9、台詞はどこで覚えている?

佐野:家のベッドの上ですかね。僕の中での定位置で、覚えやすいです。

Q:すぐ覚えられるほうですか?

佐野:本当、結構すぐ覚えられますね。珍しいんですけど。暗記が得意なわけでもないので、自分でもそんなに覚えられると思っていなかったんですけど、不思議と台詞は前日にちょっと読むぐらいで覚えられるんです。

Q:その10、よく出没する場所(エリア)は?

佐野:恵比寿、裏原宿。恵比寿は仕事関係で行くことが多いです。裏原は、古着がめっちゃ好きなので、古着屋さんによく行きます。

Q:その11、街で「あれ、佐野さんですか?」と声をかけられたらどうする?

佐野:「そうです!ありがとうございます!握手しましょう」って言います(笑)。本当に!

Q:それは嬉しいですね。

佐野:こっちがめちゃくちゃ嬉しいんで。だから、もし気づいたら話しかけてくれたらいいな。

Q:その12、占いは信じますか?

佐野:信じます、めっちゃ信じます。別に理由はないんですけど、何でなんだろう……。占い、すごく好きなんですよね。例えば、朝の情報番組の占いコーナー、星占い、姓名判断、おみくじも、めっちゃ信じちゃいます。

Q:今年引いたおみくじも覚えています?

佐野:大吉でした。僕、大吉が出るまで引くので(笑)。

Q:その13、佐野さんはA型ですよね。「自分ってA型っぽいな」と思う瞬間はありますか?

佐野:「O型っぽい」とすごく言われるんですよ。結構おおざっぱなところもあって、荷物とかもバーッて出しちゃったりするんで。あと、あまり隠し事もしないタイプで、全部しゃべっちゃったりするんです。でも、例えば部屋がグチャグチャになったら、1回片づけようと思うと、一気にすっごく細かく片づけるんです。1回やると決めたら、ちゃんとやらなきゃ気が済まなくて。そこが、ちょっとA型なのかなと思います。

Q:その14、昨日は何時に寝ましたか?

佐野:25時半。昨日は収録していたので、遅かったです。

Q:その15、寝るときの格好は?

佐野:ジャージであおむけ。

Q:その16、お風呂で最初に洗うところは?

佐野:頭。

Q:その17、チャームポイントは?

佐野:丸顔。チャームポイント兼、嫌なところです。「童顔だからいいじゃん」と言ってくれる人もいるので、一応チャームポイントで書いたんですけど、もうちょっと骨々しい顔になってみたいです。

Q:スーッとしているような?

佐野:うーん……例えば、菅田(将暉)くんとか!

Q:その18、犬派?猫派?

佐野:犬派です。実家でも犬を飼っています。でも、最近YouTuberのHikakinさんが猫ちゃんを飼ったんですよ。それを見て、「猫いいかも」と思って揺らいでいました。でも……やっぱり犬かな。一緒に遊びたいんで。(取材、文:赤山恭子、写真:You Ishii)

☆インタビューは第3回に続きます。

【プロフィール】

佐野 勇斗(さの はやと)

1998年3月23日生まれ。愛知県出身。

15年、映画『くちびるに歌を』で俳優デビュー。ドラマ「砂の塔〜知りすぎた隣人」(16/TBS)、映画『ミックス。』(17年)などに出演。 18年は現在放送中のドラマ「トドメの接吻」(NTV)のほか、2018年3月は映画『ちはやふる -結び-』、 6月に『羊と鋼の森』 が公開。8月1日から主演映画『青夏 きみに恋した30日』が公開中。さらに、9月には『3D彼女 リアルガール』、11月には『走れ!T校バスケット部』などの公開が控えている。ダンスボーカルユニットM!LK(ミルク)のメンバーとしても活動中。

http://www.stardust.co.jp/section2/profile/sanohayato.html

『青夏 きみに恋した30日』  8月1日(水)全国ロードショー

【お店情報】

※ 板前寿司 赤坂みすじ通り店

住所:〒107-0052 東京都港区赤坂3-11-13 コンチネンタル赤坂3 1F

電話:03-6426-5205

http://itamae.co.jp/

■佐野勇斗さんサイン入りチェキをプレゼント!

NOSHでは佐野勇斗サイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼントします♡

【応募方法】

1:NOSHの公式Twitterアカウント(@nosh_media)をフォローし、以下ツイートをRTしてください。

2:以下、応募フォームより必要事項を記入して送信してください。(NOSH運営会社(株)TBSテレビのサイトに移動します。)

※ 当選者の方に限り、NOSH編集部よりDMにてご連絡いたします。応募期間後もアカウントのフォローをお願いします。また、当選のご連絡後、2日間ご返信がなかった場合は無効となりますので、ご注意ください。

【応募期間】

2018年8月1日~2018年8月6日まで

【注意事項】

※ 鍵付きアカウントは応募状況の確認ができないため、無効といたします。

※ 本プレゼントキャンペーンにおいて、不適切な行為がされていると判断しましたアカウントは、対象外となります。

※ 本プレゼントキャンペーンの掲載内容や条件は、予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

※ インターネット通信料・接続料およびツイートに関しての全ての費用は読者様のご負担となります。

※ 応募時の内容に記載不備がある場合は、無効となります。

※ 抽選に関するお問い合わせは一切お答えいたしかねます。

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる