オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 横浜流星、映画撮影中はGENERATIONS佐野玲於と「プロテイント…

横浜流星、映画撮影中はGENERATIONS佐野玲於と「プロテイントーク」で大盛り上がり!?

横浜流星さんが、27日、新宿ピカデリーにて開催された『虹色デイズ』公開記念“横浜流星×飯塚健監督トークイベント付き限定上映会”に出席。撮影の合間でGENERATIONS from EXILE TRIBEの佐野玲於さんと“あるトーク”で盛り上がったことを明かしました。

本作で横浜さんはいつもニコニコ、じつはドSな片倉恵一役を演じています。ほか、ピュアで元気な愛されキャラの羽柴夏樹を佐野さんが、チャラくて女好きなモテ男の松永智也を中川大志さんが、秀才で超マイペースなオタクの直江剛を高杉真宙さんが熱演しています。

監督は『荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE』や『大人ドロップ』などを手がけた飯塚健監督。今回のイベントは、横浜さんと飯塚監督が、映画の裏話はもちろん、お互いのパーソナルな部分を語り合いました。

撮影中、4人はそれぞれ、スタッフさんから渡されたスマホを持って思い出をたくさん撮影していたとのこと。トークイベントでは、未公開写真も多く紹介されました。

他の3人とどんなトークをしていたのか聞かれた横浜さんは「他愛のない話ばっかりでした」と回顧。「玲於は筋肉がすごいので、“どこのプロテインがいい”とか“どこのジムがいい”とか聞いていました」と語ります。ほかにも「“どんな番組が面白い”とか、玲於が観ていた動画を教えてもらったり」と作品の関係性とプライベートの関係性が変わらないことを明かしました。

また、飯塚監督については「監督はキャストに寄り添ってすごく愛のある方だと思っていた」と言い「(撮影前は)“少女漫画の映画をやるんだ”という驚きと“どんなものになるのだろう”とワクワクがありました」と語ります。

今回リハーサルが多かったため「監督と話ができる機会が多かった」と述懐する横浜さん。撮影当初から役の“口調”をどうするかで監督と密に話し合っていたことを明かしました。

今後、目指す俳優像について問われると「求められる人になっていきたい」と一言。「人気だけあって実力が追いつかないのが一番嫌なので」と語り「“こうだ”とは(イメージを)決められたくないので、いろいろな作品に出て、いろいろな顔を見せられたらと思います」と展望を述べます。

また、アーティスト活動もしていることから「学ぶこともたくさんあると思うので、音楽をやっているからには、お芝居にいかせたら」と話しました。

映画『虹色デイズ』は全国公開中です。NOSHでは、横浜さんと高杉さんにインタビューを行っておりますので、そちらもぜひご覧ください!

浜瀬 将樹
エンタメライター
バイク雑誌編集者を経てフリーに。芸能関係の仕事をしていた経験を生かし、テレビや映画の取材・インタビューを担当する。得意ジャンルはお笑い。劇場にも足を運び、情報収集を欠かさず行っている。
Recommend
検索窓を閉じる