オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「ぎゅーってして!」正直ドン引き…年上彼から来た甘えLINE

「ぎゅーってして!」正直ドン引き…年上彼から来た甘えLINE

包容力があって頼りがいのある年上男性。デートも優しくリードしてくれるし、ピンチのときも落ち着いて対処してくれるし……。

でも、期待度が高いからこそ、「ゲッ!」と幻滅する瞬間があるのも事実です。

そこで今回は、20~30代独身女性を対象に“年上彼氏”に関するアンケートを実施! 正直ドン引きした“年上彼からの甘えLINE”をご紹介します。

 

■「ねぇ、もっと慰めてよ」

「彼が落ち込んでいたとき話を聞いてあげていたら、“ねぇ、もっと慰めて”“膝枕して”“頭ナデナデして”って言われてドン引きした。」(27歳/歯科衛生士)

年上の男性でも、やっぱり落ち込む瞬間があるもの。でも、「弱った姿を見たくない」「ネガティブ発言を聞きたくない」と思っている女性が多いようです。

しかも、最終的に「膝枕して」「頭ナデナデして」なんてお願いされたら……。ドン引きして凍り付いてしまうのも無理はないかもしれませんね。

 

■「もっとギューッとして」

「仕事が忙しくてデートする時間がなかったからかな?彼から“○○ちゃんに会わないと元気が出ない”“思いっきりギューッてしてほしい”とお願いされて引いてる私がいた。」(28歳/事務)

好きな人と会えない時間が続くと、“寂しい”と思うのは年上男性も同じ。思わず「早く会いたい」「○○ちゃんにギューッてされたい」とLINEしてしまう瞬間があるようです。

でも、女性からは「○○ちゃんがいないとダメになっちゃう」という台詞は重たすぎるという厳しい声が……。年上男性のイメージが崩れると、ショックが大きいのかもしれませんね。

 

■「○○ちゃんがいないとダメになっちゃう」

「5つ年上の彼氏はとにかく負けず嫌い。どんなに小さなことでも頼られたことなんてなかったのに、仕事でミスして上司にひどく叱られたとき“○○ちゃんがいないと、ダメになっちゃう”と泣きつかれて内心引いてしまった。」(29歳/金融)

仕事でミスしたとき、落ち込んだとき、恋人には一番の心の支えになってもらいたいと思っているもの。彼氏から話を持ち掛けられたときは、できる限り耳を傾けてあげましょう。

「○○ちゃんがいないと、俺ダメになっちゃいそう」なんて弱音が聞こえてきても、そっと目をつむってあげるのが優しさです。間違っても「キモイ」「無理!」と拒否するような態度を見せないように……。

 

年上男性が弱音を吐いたり、甘えたりするのは、パートナーを本当に信頼している証拠。あなたを本気で愛しているサインなのです。

内心「ないわ……」と引いてしまうようなLINEが来ても、彼のことを大切に思っているならしっかり気持ちを受け止めてあげて! あなただけに見せる本当の姿を“可愛い”と思えるようになったとき、二人の絆はぐっと深まっているはずですよ。

【取材協力】

※ 20~30代独身女性

【画像】

※ finwal89/shutterstock

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる