オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 【血液型別】彼の記憶に残るオンナになるための方法…A型は相づちをマス…

【血液型別】彼の記憶に残るオンナになるための方法…A型は相づちをマスター

恋愛が上手くいっているにせよ、そうでないにせよ愛する彼の記憶に残る“特別な存在”でありたいと思うのが女子というもの。でも、彼の心に爪痕を残すには、どのような手段をとれば良いのでしょう。

そこで今回は、血液型別に“彼の記憶に残るオンナになるための方法”をご紹介いたします。

 

■A型女子は…相づちは「うん」よりも、「いいね」「なるほど」を

A型女子は聞き上手。話を聞くのが上手い人ほど相づちが上手というのは、昔からずっと言われ続けていることですよね。つまり、相づちさえマスターすればそれだけで異性にとって、好印象を残せるということです。

そこで、「ふーん」という気のない相づちよりも、「いいね!」という好意的な相づちを打つようにしてみましょう。A型女子は、気の利いた相づちの一言で印象が格段にUPすると言えます。

 

■B型女子は…「最悪いつになる?」で相手の本当の予定を引き出す

B型女子は、やや空気を読めない発言をしてしまうところが。「いざデート!」と思っても、相手のスケジュールが読めず、失敗してしまった経験がある人も多いことでしょう。

そこで、聞き方を工夫してみましょう。B型女子はデートを設定する際に「最悪、いつになる?」と聞いてみてください。最悪いつになるかを聞くことで、正確なスケジュールを引き出すのです。正確な日程が分かる上に、彼の記憶にも残るはず。

 

■O型女子は…上手くいかないときは「私のことなんて忘れて」の一言を

O型女子は恋に積極的。でも、押しても引いてもどうにもならない恋をした……。そんな時、諦めるのはまだ早いです。彼の記憶に爪痕を残す最後の手段があります。それが「私のことなんて忘れて」と別れ際に言うこと。

何かを覚えてもらう際に「忘れていいから」と事前に言っておいた方が記憶に鮮明に残るのです。O型女子は「忘れないで!」とプレッシャーをかけるよりも、「忘れて……」のほうが逆転のチャンスがあるのです。

 

■AB型女子は…細部をリアルに語り、具体例を出すことで想像力をくすぐる

AB型女子は感性の豊かさがウリ。でも、どんなに耳障りのいい言葉を並べて彼にアプローチしても、想像力をかき立てられなければ難しいもの。逆に、ありありと思い浮かべられるような具体例なら、彼の心に響くのです。

しかも、イメージできればできるほど、聞き手は暗示にかかって言うことを聞いてくれるように。AB型女子が彼を落として記憶に残る女になるには、細部をリアルに語りましょう。

 

男はいつまでも昔の女子のことを忘れられないところがあります。よく言われることですが、男は記憶を個人ごとにフォルダーごとに分けており、たまに思い出すこともあるからです。

そのため、記憶に残る女であることができれば、それだけ彼は手放したがらないでしょうし、別れても復縁しやすくなると言えるのです。(脇田尚揮/ライター)

【画像】

※ IVASHstudio/shutterstock

【関連記事】

脇田 尚揮
占い・心理テストクリエーター
Ameba公式No.1占い師として雑誌やTVなどに取り上げられ、現在テレビ東京「なないろ日和」にてレギュラーコーナー担当。また、自身が監修したアプリは120万DL。著書『生まれた日はすべてを知っている。』(河出書房新社)。
Recommend
検索窓を閉じる