オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 花火大会で使える!男子がドキッとする「浴衣姿」でのモテしぐさ

花火大会で使える!男子がドキッとする「浴衣姿」でのモテしぐさ

浴衣姿の女の子は、男性の目にはとても可愛らしく、そしてちょっと色っぽくも映るものです。

そのうえ、しぐさまでもドキッとするようなものが多かったら、もう男性はメロメロになってしまうことでしょう。

そこで今回は、男子がドキッとする「浴衣姿」でのモテしぐさを紹介します。

 

■ちょこちょこと「内股」で歩く

浴衣は洋服に比べたらかなり動きにくいですし、普段から着慣れていない分、思うように歩けなかったりもするでしょう。だからこそ、焦らずに慌てずにゆっくりと、内股でちょこちょこと歩くことがとても大事なポイント。

そして、そのちょこちょこ歩く姿こそ、男性が可愛らしさを感じてキュンとなる行動でもあります。さらに、人ごみの中を歩くときなどは、はぐれてしまわないように男性の裾をつかんだりすると、さらにドキッとさせることができますよ。

 

■ゆっくりと「しゃがむ」

浴衣を着ているときには、全体的にゆっくり丁寧な動作を心がけると、おしとやかさや色っぽさが演出できるもの。バタバタとした落ち着きのない動きを見せてしまうと、がさつさが目立ってしまい、せっかくの浴衣姿も台無しになることでしょう。

例えば、しゃんがんだりするときも、裾が乱れてしまわないようにちゃんと押さえながらしゃがむようにすると、その上品さに男性はドキッとするはず。洋服のときにはなかなか見られない動作だからこそ、その新鮮な色気に男性は心を揺さぶられるのでしょうね。

 

■「うなじ」の汗を拭く

浴衣姿の女性に対して、男性が最も色っぽさを感じる部分と言っても過言ではないのが“うなじ”です。浴衣のときにはアップにまとめたヘアスタイルにするケースがほとんどでしょうから、普段はあまり見られないキレイなうなじや首すじが露わになり、そこに男性はドキッとするもの。

なので、うなじの汗をそっと拭ったり、ちょっと乱れたアップの髪の毛を直すようなしぐさを見せると、男性も思わずうなじや首すじに目がいくので、さらにドキドキさせることができるかも。うなじの汗を拭く際のハンカチも、ちゃんと浴衣に合っているものを用意しておけると、よりポイントアップですよ。

 

■「袖」をつまんで物を取る

浴衣を着ているときに注意するポイントとして、袖を食べ物などに付けてしまわないようにするという点があります。つい袖のことを忘れて行動を取ってしまいがちなので、ちゃんとそこに注意して動くことができると、きちんとしているイメージを与えられます。

また、袖をつまんで物を取る姿は、上品で優雅な印象も与えることができます。浴衣を着ているときにはとにかくひとつひとつの行動を丁寧に心がけることが大事。いちいち袖をつまむのは面倒に感じるかもしれませんが、それを怠ると一気にがさつに見えてしまいますからね。

 

浴衣姿のときは、がさつな行動は控えておしとやかに振る舞うようにすると、より魅力的に見えるもの。浴衣姿だからこその色気を感じさせることもできるでしょうから、男心を大きく揺さぶるチャンスでもありますよ。

【画像】

※ ARENA Creative/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる