オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 中川大志&小関裕太、役者としての熱い話を交わす

中川大志&小関裕太、役者としての熱い話を交わす

俳優の中川大志さん、小関裕太さんが、TVCMに出演する『A3!』新CM発表&CMスペシャルユニット結成イベントに出席、お互いの印象についてトークを繰り広げました。

3日(金)に行われたイベントの『A3!』とは、累計ダウンロード数が550万を突破した、イケメン役者育成ゲーム。

プレイヤーは主催兼“総監督”となり、劇団『MANKAIカンパニー』に所属する役者たちを育成していきます。

CM撮影では初共演となったふたり、中川さんは「以前イベントで小関くんとご一緒したことはあって、本当にコミュニケーション能力がめちゃくちゃ高い人!僕が人見知りしていたんですけど、“久しぶり!いえーい!”ってやってくれた」と、小関さんの印象を伝えます。

小関さんが「今朝もちょっと人見知りが戻っているかなって感じちゃった(笑)」と返すと、「ちょっとだけ朝のテンションもあって」と答える中川さん。

一方、小関さんから見た中川さんの印象は「初めて会ったのが大志君が高校1年生くらい。すでに大人っぽい印象で、すごいお兄さんなんだなと思っていたら、“まだ16歳なんだ”と衝撃的でした」と3歳年下の中川さんを「大人っぽい印象だった」と語りました。

また、本ゲームのように、役者として前に出るような意識があるかと尋ねられると「あるんじゃないですかね、誰しも。特に同世代の中では“負けねえぞ”っていうのはあるんじゃないですかね」と中川さんが答えます。

その様子を見ていた小関さんは、「だから素敵。大人っぽいなと思いました。役者のイメージとか、結構熱い話をしましたね」「語り合いましたね」とふたりでうなずき合っていました。

最後、『A3!』の魅力について、小関さんは、「ファンじゃなくて“一緒に作る監督として”というのが、すごく大きな魅力だと思います。自分の育て方次第で空気感も作品も変わるので、ひとつのゴールに向かって“いいものを作るぞ”と進み続けるのは、すごく感じられると思います。けど、このゲームを通して見透かされているようで(役者としては)気恥ずかしい感覚!」としていました。

『A3!』TVCMは本日より全国放送です!

赤山恭子
エンタメライター
エンタメ雑誌編集部、映画のディストリビューターを経て、現在は主に映画&テレビ関係のインタビューや取材を担当。基本おもしろ好きなので、いろいろなところに首を突っ込んでは、ワクワクした毎日を過ごす。
Recommend
検索窓を閉じる