オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「カメラを止めるな!」舞台挨拶で監督キャストが感涙「映画の力を信じて…

「カメラを止めるな!」舞台挨拶で監督キャストが感涙「映画の力を信じていた」

映画『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督が、3日、TOHOシネマズ日比谷スクリーンにて開催された“感染”拡大公開 御礼舞台挨拶に出席。キャストらと共に来場者へ感謝の気持ちを伝えていました。

たった2館での公開から始まった本作。上田監督の長編デビュー作であり、他に類を見ない構造や綿密な脚本など、挑戦的な作品となっています。同映画は、タレントさんや有名テレビマンなどが絶賛しており、SNSなどで瞬く間に拡散。大きな社会現象となりました。

今回のイベントには、上田監督のほか、キャストの濱津隆之さん、真魚さん、しゅはまはるみさん、長屋和彰さん、細井学さん、市原洋さん、山﨑俊太郎さん、大沢真一郎さん、竹原芳子さん、浅森咲希奈さん、吉田美紀さん、合田純奈さん、山口友和さん、藤村拓矢さん、曽我真臣さん、佐渡未来さん、秋山ゆずきさんが登壇しました。

上映終了後、観客からはスタンディングオベーション。大盛り上がりの中、イベントに突入しました。お客さんに紛れて座っていた監督やキャストの面々は感無量の表情を浮かべ、壇上に上がります。上田監督は「何をしゃべろうか全部ぶっ飛んでしまいました」と苦笑い。

続けて「みんなの顔がこんなに大きなスクリーンに映るなんて」と言葉を詰まらせます。取材では「(このヒットは)“想像していなかった”と言っていたんですけど、でもどこか映画の力を信じていたところはあって」と本音を吐露。涙を浮かべながらスタッフ、キャスト、お客さんに感謝を述べました。

一言挨拶では、日暮隆之を演じた濱津さんが「(映画が)こんなサイズになるとは、撮影していた頃1ミリも想像していなかった」と驚くと、松本逢花役の秋山さんは、感謝を伝えた後「これを機にブレークしていきたい」と言い観客を笑わせました。

今回のヒットを機に悔しい思いをしたというのが、松浦早希役の浅森さん。涙声で「どこもかしかも“無名役者”って書かれて。私はすごい悔しいです。だから、次は“期待の若手女優”って書かれるように、もっと頑張ります」と宣言し、大きな拍手をもらっていました。

キャストの皆さんは、各々感謝の言葉を伝えていきます。

曽我さんや佐渡さんにいたっては、嬉しさのあまり号泣!

質問タイムでは、あるシーンについて監督が「ガチのトラブルだったり、アドリブでつないでいたり、2度撮れないシーンがいっぱいあったカットがあった」と振り返る一幕もありました。

上田監督は最後に「これから先の人生、今日の夜のことが背中を押してくれることになる」と感慨深そうに語り「“映画が好きで良かったな”と思いました」と挨拶しました。

映画『カメラを止めるな!』は絶賛ロードショー中です!

Recommend
検索窓を閉じる