オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > いい女は床上手♡男が二度と忘れられなくなるベッドテク

いい女は床上手♡男が二度と忘れられなくなるベッドテク

男性にとっての“いい女”というのは、“ベッドの中でも喜ばせることができる女性”のようです。

ベッドで満足できない女性に対しては、いくら大好きでも“いい女”とは思えないので、彼を夢中にさせるいい女になるためには、ベッドテクも磨いた方がいいかもしれません。

今回は、“いい女のベッドテクニック”をご紹介。

彼が二度と忘れられなくなるほど、いい女になりたくありませんか?

 

■たくさん気持ちよくしてくれる

ベッドで“たくさん気持ちよくしてくれる女性”に、男性は「二度と忘れられない」と思うほど、いい女と感じるようです。

ベッドでは、受け身の女性や局部しか攻めない女性が多いので、たくさん気持ちよくしてくれる女性は、忘れられなくなるのかもしれません。

攻める時は局部だけではなく、“全身”をこれでもかってくらい攻めてあげましょう。

時間をかけてたくさん気持ちよくしてあげれば、きっと彼もあなたの“愛”を感じると思いますよ。

 

■何でも言うことを聞いてくれる

“何でも言うことを聞いてくれる女性”は、二度と忘れられなくなるいい女みたいです。

ベッドで何でも言うことを聞いてくれる女性などそうそういないので、二度と忘れられなくなるのも無理はないかもしれませんね。

技術という意味でのテクニックとは違いますが、忘れられなくなる“技法”ではあります。

たとえ別れても、他の女性と寝れば寝るほど、「あんないい女はいなかった」と感じることでしょうから、あなたに“夢中”にさせるには、いい技法だと思いますよ。

 

■ベッドで面倒くさいことはしない

“面倒くさい言動をしない”のも、いい女のベッドテクニック。

さあこれからって時に、消極的な態度を取ったり、気持ちを試すようなことをしてみたり、「好き?」と聞きまくったりすると、「うっとうしい」「面倒くさい」と思う男性もいます。

いい女というのは、そんな“男心”もわかっているので、自分の気持ちを押し殺してでも、彼が面倒くさいと思うような態度を取らないので、男性にとってはいい女になるのかもしれませんね。

 

ベッドテクと言うと、技術にばかり気を取られがちですが、技術ではない部分のテクニックも重要です。

彼が忘れられなくなるほど“いい女”になりたい女性は、是非参考にしてみて下さいね。

【画像】

※ UfaBizPhoto/shutterstock

【関連記事】

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる