オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 山下健二郎の気合いに、鈴木おさむも賞賛「三代目の看板を背負って戦って…

山下健二郎の気合いに、鈴木おさむも賞賛「三代目の看板を背負って戦っている」

8月5日(日)、『八王子ゾンビーズ』初日会見がTBS赤坂ACTシアターにて行われ、主演を務める山下健二郎さんのほか、共演する駿河太郎さんらが役衣装で和やかに会見を行いました。

『八王子ゾンビーズ』は音楽×ダンス×ゾンビ(!?)を掛け合わせた、三代目J Soul Brothersの山下さんによる初主演舞台!

ダンサーになる夢が破れ、自分を見つめ直すために八王子の山奥のお寺にたどりついたタカシ(山下さん)は、満月の夜にお寺の墓場でゾンビVS住職(駿河さん)の壮絶な戦いを目の当たりにし、以来、ゾンビたちにせがまれるがままに、なぜかダンスを教えることになります。

和気あいあいと会見に臨み笑顔を見せていた山下さんは、初日を迎えて今の心境を聞かれると「いよいよきたか、と!みんな稽古を頑張ってきたので、早くステージに立ってお客さんに見てほしい気持ちが強いです」と、やる気満々のコメント!

「1カ月くらい稽古をしていました」と言う山下さん、稽古場での思い出は「稽古場からすぐ近くだったので、隅田川の花火大会を皆で見たのはいい思い出です」とうっとりすると、共演陣が「何回か皆で集まって近くの中華屋に行った」と告白し始めます。

山下さんも「行きましたね!中華屋の大将とすごく仲良くなって、プライベートでも3回くらい行った。マーボー豆腐と焼き餃子がおいしかった……って、これ記事になるの?いる(笑)?」と苦笑気味。

山下さんを中心に皆さんでクロストークを繰り広げており、共演の藤田玲さんが「分け隔てなく、皆と同じ目線で接してくれてありがたかったです。一緒になって作り上げてくれるのはすごく座長らしかった」と山下さんのたたずまいに関して言えば、久保田悠来さんも「振付のダンスが山下さんオリジナルで、アレンジを加えてくれた」と山下さんを眺めます。

どのようにダンスを作り上げたかと言うと、山下さんは「最初、振付師の人に作ってもらって、そこから2時間くらい振付とダンスをいろいろ話し合いました。ダンス経験ある、なし、レベルの差もあったので、クオリティをどんどん上げました。パフォーマーなのでダンスはなめられたくなかったので、ダンスのレベルに持っていけるように」と熱心に三代目らしい表情を覗かせました。

すると、脚本・演出を手掛けた鈴木おさむさんが、山下さんのことを「売れている人の共通点で、根性がある。自分がわからないところに入るのは怖いはずだけど、そこに突っ込んでいく勇気と根性、三代目の看板を背負って戦っているのはハンパないと思う。役者の皆と戦いながら座長でいる感じが、すごく格好いいと思います」と、絶賛。

山下さんは「照れますね(笑)。この夏、おさむさんが“皆で青春感じながら作ろう”と言っていたので、皆とコミュニケーションが取れてめちゃくちゃ青春を感じましたし、舞台の上で発揮したいと思います」と、これから始まる公演を最高のものにすると高らかに宣言していました。

『八王子ゾンビーズ』は8月5日(日)~8月19日(日)まで、TBS赤坂ACTシアターにて上演です。

【関連記事】

Recommend
検索窓を閉じる