オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 「寝顔、可愛かったよ」一夜限り関係…“遊びの女”から届いた衝撃LINE

「寝顔、可愛かったよ」一夜限り関係…“遊びの女”から届いた衝撃LINE

ちょっとした弾みで結ばれてしまった男と女。あなたも「そんなつもりはなかったけど……」と戸惑いを隠しながらも、予期せぬワンナイトラブを楽しんだ経験はあるのでは?

「だって、セックスから始まる恋だってあるでしょ!」

そんな考えの持ち主は要注意! 20~30代独身男性を対象とした“ワンナイトラブ”に関するアンケートでは、男性たちが“思わずスルーしたくなる女性からの衝撃のLINE”が明らかになりましたよ。

 

■「私のこと、どう思ってる?」

「合コンで知り合った女性に誘われて、なんとなくデート。付き合うつもりはサラサラなかったんだけど、その日はちょっとムラムラしていて……。その日限りの関係でサヨナラするつもりでベッドインしたら、あっちは勘違いしたらしく“私のことどう思ってるの?”“今回のはやり逃げってこと?”とLINEで問い詰められて、思わずブロックしてしまった。」(27歳/メーカー)

ワンナイトラブの事実をどうしても否定したくて、男性に「私のこと、どう思ってるの?」「好きだからエッチしたんじゃないの?」なんて言い寄ったらダメ! あなたが追及すればするほど、男性の心は離れてしまいますよ。

人間の本能に逆らえずに結ばれてしまったのは、あなた自身の責任でもあります。後悔したくなければ、男性のリードに身を任せる前に、しっかり踏みとどまる勇気を持ちましょう。

 

■「〇〇くんのこと、ずっと好きでした」

「仲のいい同僚数人とテーマパークへ行った帰り道。酔った勢いである女性とワンナイトしてしまった。正直サバサバした感じの子だったし、お互いに“こんなこともあるよね”とスルーできると思っていたんだけど、翌日から“〇〇くんのこと、ずっと好きだった”“このままの関係で終わらせたくない”ってガンガンLINEが来て対応に困った。」(28歳/IT)

ずっと心に棲みついていた男性だからこそ、どんなカタチでも結ばれたい。そんな乙女心が届かずに、悲しい結末を迎えてしまうケースも少なくありません。

初恋の相手、憧れの先輩、頼りになる上司……。たとえあなたの想いが強くても、相手は“遊び”のつもりで言い寄ってくることもあるのでご注意を!

 

■「〇〇くんの寝顔、可愛かったよ」

「友人の知り合いで仲良くなった女性とワンナイト。正直これっきりの関係で終わらせるつもりだったけど、“〇〇くんの寝顔、可愛いね”“好きになりそう”と写真付きLINEが送られてきてドキッとした。いや、いい意味ではなく、悪い意味でドキッとした。」(29歳/金融)

「カラダの関係から始まる恋も悪くない」と思っている女性に多いのが、「好きになってもいい?」といった積極的なアプローチ。もちろんお互いの気持ちが高まっているなら構いませんが、相手の気持ちを確かめずにグイグイ攻めると、心を凍りつかせてしまうことも……。

特に「この前の写真だよ」「寝顔可愛かったよ」なんて写真付きのLINEには要注意! 「粘着質で怖いから、これ以上関わらないでおこう」と距離を置かれるのがオチですよ。

 

「できることなら、彼女になりたい!」

ワンナイトラブから本命への昇格を期待しているからこそ、やってはいけない衝撃LINE。彼女ヅラをしたり、交際を迫ったり、「こいつ、面倒くさい女だな」と思われたらそこまでです。

うっかりカラダの関係を許してしまった相手と本気の交際を望むなら、「また会いたい」「もっと知りたい」と思わせるちょっぴり控え目な女を演じることが大切かもしれませんね。

【取材協力】

※ 20~30代独身男性

【画像】

※ Nelli Syrotynska/shutterstock

【関連記事】

大学在学中からフリーライターとして活動中。現在は、恋愛コラムやエステティック会員誌、新聞広告記事などを執筆中。20〜30代男女のリアルな声を取り入れた恋愛記事は、恋する乙女必見。
Recommend
検索窓を閉じる