オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > 男を夢中にさせる!愛される女性が「ベッドの上」でやっていること

男を夢中にさせる!愛される女性が「ベッドの上」でやっていること

彼氏といつまでもいい関係を続けていくためには、エッチがとても重要な要素にはなってきます。

ちゃんとベッドの上でもドキッとさせることができれば、彼氏もずっとあなたに夢中でいてもくれるでしょう。

そこで今回は、愛される女性が“ベッドの上”でやっていることを紹介します。

 

■ずっと「受け身」ではいない

基本的にはエッチは男性がリードをすることが多いでしょうが、毎回ずっと受け身のままでいたら、さすがに彼氏もゲンナリするはず。エッチはふたりで楽しむものなので、あなたも彼氏を喜ばせようとする姿勢は見せるべきです。

いつも自分ばかりが攻めなければいけなくなると、彼氏はあなたとのエッチ自体にマンネリや飽きも感じ始めるでしょう。激しすぎるのは引かれるかもしれませんが、ただ横になっているだけだと“俺とエッチしたくないのかな”なんて思われてしまう危険性も高いので、ときにはあなたから積極的に攻めることも大事ですよ。

 

■ときには「変化」を見せる

いつも同じようなエッチばかりをしていたら、彼氏にはすぐに飽きられてしまうもの。刺激もどんどん感じられなくなっていくので、あなたに対しては“エッチをしたい”という欲求自体も湧き起こりにくくなっていく一方でしょう。

例えば、いつもどちらかの部屋でエッチをするのではなく、ときにはホテルに行ってみたり、いつもはしないようなプレイをしてみるのも効果的。また、普段のときとは違うギャップや変化を見せてあげると、エッチに特別感が生まれて、彼氏もあなたにずっと夢中でいてくれるはずですよ。

 

■ちゃんと「恥じらい」は忘れない

男性は女性の恥らう姿に可愛らしさを感じるし、性的な興奮を覚えたりもするもの。恥じらいが一切なく、なんでも明け透けに大っぴらにされてしまうと、ドキドキ感も全くなくなってしまうので、エッチをするような気分にもなれなくなるはず。

自分から率先して裸になったり、全く恥ずかしそうな素振りが見られなかったり、エッチのあとも平気で裸でウロウロしたり……。彼女のそんな姿を目にしたら、彼氏は“女”として意識しにくくなっていく一方です。どんなに慣れが生じても、最低限の恥じらいだけは捨ててはいけませんよ。

 

■「会うと必ず」にはならない

会うと必ずエッチをするような状態になると、それだけ飽きが訪れるペースも早くなるもの。また、何となくエッチをすることが次第に義務のようにもなってくるので、ドキドキや興奮もすぐに薄れていってしまうことでしょう。

ときにはエッチを断ったり、エッチをしないデートをすることも大事。そうすると、彼氏の中でもあなたのことを追いかけるスイッチが入るので、夢中にもなってくれやすいです。断りすぎるのはよくないですが、誘われるがままに応じたりすると、あなたとのエッチに特別感を一切抱いてくれなくなってしまいますよ。

 

エッチがマンネリ気味になってしまうと、どうしても気持ちも冷めていきがちです。そうならないように、女性の方も多少は工夫をしないと、いつまでも愛され続けるような女性にはなれないかもしれませんよ。

【画像】

※ Ladanivskyy Oleksandr/shutterstock

【関連記事】

山田 周平
ライター
放送作家職を経て、女性向けWEBサイトの企画・運営に携わる。現在はWEBコンテンツの企画やコラム執筆を行っている。著書に『男は耳で恋をする』『結局、男って「あざとい女」に弱いんです。』がある
Recommend
検索窓を閉じる