オンもオフも!! 働く女性のためのトレンドを発信
TOP > ハマっちゃダメ…セフレとの上手な線引きの仕方

ハマっちゃダメ…セフレとの上手な線引きの仕方

セフレと上手に付き合っていくには、“お互いの関係を明確にしておく線引き”が大切。

目に見える形での線引きと、心の線引きをしておかなくては、関係を継続することも難しく、また、トラブルの元になるかもしれません。

セフレを作りたい女性も、今現在セフレがいる女性も、セフレとの上手な線引きの仕方……知りたくありませんか?

 

■ハマっちゃダメ!好きにならない・ならせない

セフレと良好な関係を築くためには、“好きにならないよう、また、好きにならせないよう”線引きをしておきましょう。

セフレに求めるのは“肉体だけ”なので、優しくしない、精神的な繋がりを求めない、事が済んだら長居しないなど、“態度を明確”にして線引きしておきます。

もし、好きになってしまったら、関係を断つか、理性で感情を消しセフレのままでいるかして、お互いに“深入り”しないようにしましょう。

 

■用のないときは連絡しない

セフレに上手な線引きをするために、“用のないときは連絡しない”ようにしておきましょう。

セフレは彼氏ではありませんので、彼女のように振る舞って連絡しないようにしておきます。

また、女友達でもないので、暇つぶしの連絡もしない方がいいですよ。

男性も男性で、頻繁に連絡してこられても困るだけですし、面倒くさいと思うでしょうから、用のあるときだけ連絡をして、お互いの関係を明確にしておきます。

あなたの態度がぶれなければ、彼も深入りすることはないと思うので、セフレ相手とは、肉体以外でのコミュニケーションは不要なのかもしれません。

 

■詮索しない・させない

セフレとの距離を一定に保つため、“彼を詮索しないようにし、彼に詮索されないように”線引きしておきましょう。

彼の恋愛事情などを聞くのはもってのほかですが、彼からあれこれ聞かれたときは、多くを語らず回避します。

また、言える人は「詮索しないで」と直接伝え、線引きしておくといいでしょう。

セフレとの関係は、恋愛ではありません。

お互いを深く知り合えば情が芽生えてしまうかもしれないので、精神的な距離を保つためにも、詮索は控えた方がいいですよ。

 

セフレはあくまでもセフレです。

セフレと良好な関係を築くには上手に線引きをして、“それ以上でもそれ以下でもない関係”を保つのが、良好な関係を続けられるコツではないでしょうか。

【画像】

※ Ladanivskyy Oleksandr/shutterstock

瀬戸 樹
ライター
人生の迷子中にひょんなことからライターに転身。最近では男性向けの恋愛記事も執筆している。豊富な恋愛経験から導き出される記事は、上っ面のコラムとは一線を画していると定評あり。
Recommend
検索窓を閉じる